知恵ビジネスプランコンテスト

扇子の技術を活用した商品開発と独自ブランドの展開
株式会社大西常商店

長年にわたって京扇子の製造卸・小売を手がけてきたが、ライフスタイルの変化に伴って市場が縮小し、職人の高齢化や後継者不足も課題となっている。
その一方で、扇子を使うお客様から「扇ぐと良い香りがふわっと漂ってきて心地良い」という声が寄せられることも少なくない。こうしたニーズを積極的にキャッチアップし、扇子が持つ香りや美しさを部屋の中で手軽に楽しめる、現代感覚に合った室内芳香剤「扇ルームフレグランスかざ」を開発した。

一般的な室内芳香剤で見られる棒状のスティックの代わりに、京扇子の職人の手で薄く加工された竹(扇骨)を使っているのが特長で、独特の毛細管現象によって、アロマを効率良く吸収し、香りを長く維持・拡散できる。レーザー加工で扇骨にモダンな透かし彫りを施し、扇状に重なり広げたデザインも美しく、インテリア商品としての需要も見込める。香料メーカーと共同で「八重桜」「白檀」「檜」の三種類のオリジナルフレグランスを開発、フレグランスを入れる器も清水焼を採用するなど、「和」のコンセプトにこだわったブランド展開で、商品価値を高めて他との差別化を図っている。

めざましい勢いで市場ニーズが変化していく中、扇子の技術やデザインを活用した現代ニーズに叶う用途開発を行って、自宅用はもちろん、商業施設やホテルなど埋もれた需要の掘り起こしを進めていく。市場での扇子への関心を高めていくことで、京扇子職人の雇用安定や育成につながっていくことが期待される。

■委員長の目

京扇子の技術と特性を生かした新たな商品としてルームフレグランスを開発、販売を行う。扇子用に加工された扇骨に香料を浸すことで、毛細管現象により香りが持続するように施されている。伝統工芸品である京扇子の形を生かすことで、デザイン面での強みも発揮できる。伝統工芸の技術伝承、後継者の育成といった点でも評価できる。

<会社概要>
株式会社大西常商店
代表者 : 大西 久雄
住所 : 京都市下京区松原通高倉西入ル本燈籠町23
TEL : 075-351-1156
Web : http://www.ohnishitune.com/
<事業概要>
京扇子製造卸

閉じる