「知恵の経営」報告書

「知恵の経営」とは

人材や技術、ノウハウ、顧客や取引先等とのネットワークといった目に見えない資産を見つめ直し、自社の"強み"とその源泉"知恵"をしっかりと認識・活用することで、業績の向上に結び付ける取り組みです。一般的には、「知的資産経営」と言われていますが、京都では「知恵の経営」と称し、京都府が"「知恵の経営」実践モデル企業認定制度"を設けて、経営安定や成長発展を目指す中小企業を応援しています。

「知恵の経営」報告書作成支援

京都商工会議所では、「知恵の経営」への理解を深めるセミナーをはじめ、本所経営支援員や専門家派遣により、「知恵の経営」報告書作成に向けた伴走支援を行っています。個別支援は随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

「知恵(知的資産)」の分類

人的資産:
社内の人材が持つ知識・技能・経験・提案力など属人的な資産
※従業員教育やマニュアル化により「構造資産」へ
構造資産:
企業の仕組みや文化、データベースなど。従業員や役員が退職しても社内に残る資産。
関係資産:
人的ネットワークや顧客ロイヤリティなど企業の対外的関係に付随した資産。

「知恵の経営」実践のステップ

(1) 「知恵」の棚卸し
自社の「知恵」を"知る"
(2) 「知恵の経営」ストーリー化
棚卸しした「知恵」を整理し、それらを活かした経営戦略と事業計画を立て、「知恵の経営」報告書に"まとめる"
(3) 「知恵の経営」報告書を京都府へ提出・評価
京都府に認証申請し、意見聴取会議を経て、「知恵の経営」実践モデル企業認証(認証書:右写真)
(4) 「知恵の経営」報告書の活用
社内外のステークホルダー(経営者本人・経営幹部・社員・顧客・得意先・仕入先・金融機関・支援機関等)へのコミュニケーションツールとして"伝える"
経営改善のためのマネジメントツールとして"深める"

「知恵の経営」報告書作成サポートのしくみ

京都商工会議所では、「知恵の経営」への理解を深めるセミナーをはじめ、経営支援員や専門家派遣により、「知恵の経営」報告書作成に向けた伴走支援を行っています。なお、個別支援は随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。(いずれも無料)

「知恵の経営」入門セミナー

「知恵の経営」入門編として開催。専門家による講演や認証企業による事例発表を通じて、「知恵の経営」報告書作成に取り組む意義と期待できる効果などについて学んでいただきます。

「知恵の経営」実践セミナー

「知恵の経営」実践編として開催。少人数制で、「知恵の経営」報告書の作成方法について講義を受けながら、専門家や本所経営支援員とともに、受講者自ら自社の「知恵の経営」報告書作成に取り組んでいただきます。

専門家派遣

「知恵の経営」報告書認証を目指す方を対象に、中小企業診断士などの専門家を貴社に派遣し、「知恵」の分析や整理、今後の展開などについてアドバイスします。

「知恵の経営」の効果例

  • 経営者自身の新たな"気づき"となり、自社の経営資源を最大限に活用できるようになる
  • 事業承継や社員教育の有効なツールとして活用できる
  • 自社に合ったKPI(重要業績評価指標)の設定により、事業計画の進捗管理が着実にできる
  • 京都府「知恵の経営」実践モデル企業認証を受けると、社外での評価が高まるとともに、社員にとっても会社や仕事への愛着や自信につながる

活動事例

1.事業承継の準備

「初代から受け継がれてきた思いも一緒に引き継ぎました。」

株式会社河波忠兵衛代表取締役 河波 忠兵衛、作成担当者 河波 舞(平成28年10月26日認証)

株式会社河波忠兵衛

「知恵の経営」報告書作成を通じて、創業1777年(安永5年)からの歴史を初めて文章化しました。
「知恵の経営」報告書は、代表者の娘である私が家業を継ぐことを決め、河波忠兵衛へ転職して3年目の時に取り組みました。

私と父は普段から良く会話をするため、自社の歴史や、先人たちが築き上げた信頼、実績などについて、ある程度把握しているつもりでしたが、実際に取り組むと知らないことが多くありました。
そして「知恵の経営」報告書の作成は、単に歴史を知られただけではなく、先人への感謝の気持ちを持つための取り組みにもなったと思っています。
もちろん、お客様、従業員、お寺、職人の皆様などに支えられていることも再認識し、改めて感謝する機会にもなりました。

先人の思いをしっかりと引き継ぎ、「知恵の経営」報告書で設定した「今後の目標・取り組み」を実現できるように、日々努力してまいります。

2.新事業展開

「自社の強みを再認識し、自社の目標であった新事業を展開しています。」

株式会社デザインハウス風代表取締役 松井 啓介(平成28年3月31日認証)

株式会社デザインハウス風

当社は、社内デザイナーが制作したプリント染色デザインを、京都を中心とした国内の染工場との協業により、日本各地で作られる高品位な生地に染め上げ、プリントテキスタイルとして完成させ、アパレルメーカーなどにOEM供給しています。

創業者である父の夢は、「京都をフランスのリヨン、イタリアのコモに並ぶ高級プリント服地の産地にする。」ということでした。
海外生産の廉価品が市場を席巻する昨今、日本の優美で繊細な感性を持ったデザインの製品を、この京都の地から発信していきたいと考えています。このような「思い」を社員のみならず、協業するパートナーの皆さんと共有するために、「知恵の経営」報告書の作成に着手しました。

「知恵の経営」報告書の作成では、自社の強みを言葉として落とし込むことで、経営を預かる身として多くの気づきがあり、ビジョンや価値を社内で共有でき、完成した「知恵の経営」報告書をベースに、これからの取り組みを考えていけるようになりました。

今後は、OEM事業で培ったノウハウを生かし、自社ブランドでのストールやTシャツの開発など、商品の横展開で新たな市場を開拓したいと考えています。
平成29年2月には近畿経済産業局の「地域産業資源活用事業計画」の認定を受け、京都の生産工場と共に、欧州ファッション市場に向け、オリジナルの高級プリント生地や製品の開発・販売に向けて動き出しました。
当社の「夢」の実現に向け、着実な前進を続けています。

3.新事業展開の土台作り

「知っているつもりで知らなかった社員の取り組みを知る機会になりました。」

株式会社デリバリーサービス代表取締役社長 山田博彦(平成28年3月31日認証)

株式会社デリバリーサービス

知恵の経営に取り組んだ一番の成果は、社員の日頃の取り組みを詳しく知ることができたことです。
当社では、年に一度、従業員の家族も参加可能な「家族会」や、関連会社の社員も含めた忘年会を開催していることから従業員との会話も多く、現場のことも把握していると思っておりました。

しかし、実際に「知恵の経営」報告書の作成にとりかかるとわからないことが多く、社員に聞いて回ると、私がこれまで知らなかった努力や改善に取り組んでいることを知り、改めて社員に感謝する機会となりました。

当社は、平成28年3月に京都市南区吉祥院に新たに京都営業所を新設したところです。今回、知恵の経営の取り組みで再認識した「従業員の日々の取り組み」をはじめとする知恵を活かし、また、経営理念の「日々の業務に心を添え、物を運ぶ事を通して地域や企業の応援をします」に基づき、新たな事業展開に取り組んでまいります。

「知恵の経営」認証による京都府の優遇措置

【補助金】
  • 京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業
    市場調査・需要開拓から設備投資までの幅広い補助制度(評価で考慮)
  • 「企業の森・産学の森」推進事業
  • 中小企業共同型ものづくり支援事業
【資金支援】
  • 文化産業振興資金(京都府)
【販路開拓】
  • 中小企業チャレンジ・バイ
    貴社の商品を京都府庁が入札なしに購入可能(購入を約束するものではありません)
    病院・社会福祉施設等の購入助成制度、京都府庁での率先購入による支援

「知恵の経営」実践モデル企業認証後、次のステップへ

知恵ビジネスプランコンテストの認定
〔京都商工会議所〕

強みを活かした知恵によって、中小企業が顧客に新たな価値を提供しようとするビジネスプランを公募し、専門家等による審査を通じて、「知恵ビジネス」として認定、公表します。認定を受けた企業には、事業戦略や広報、プロモート等、経営支援員による極め細やかなハンズオン支援を集中的に実施、認定プランの実現を支援します。

経営革新計画承認制度〔京都府商工労働観光部 ものづくり振興課〕

新しい事業活動に取り組み、経営目標を設定し、経営の相当程度の向上を図る「経営革新」。中小企業新事業活動促進法に基づき、中小企業が作成した「経営革新計画」を専門家による調査を経て、都道府県知事等が承認します。

京都府元気印中小企業認定制度〔京都府商工労働観光部 ものづくり振興課〕

独自に培ってきた強みを活かし、イノベーション(研究開発等事業計画)に挑戦する取り組みを専門家の意見を聴取の上、京都府知事が認定します。

リメイクのススメ

「知恵の経営」報告書の有効期間は2年です。2年経過後にリメイクすることで、当初版で発掘した「知恵」の活用方法の検証や見直し、新たな「知恵」の掘り起しなどに取り組めます。

問い合わせ・相談窓口
相談無料・秘密厳守

お気軽にご相談ください

京都商工会議所 中小企業支援部 知恵産業推進課
〒600-8565 京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター7階
TEL:075-341-9781  FAX:075-341-9798  E-mail:bmpj@kyo.or.jp
URL:http://www.kyo.or.jp/chie/

※最寄りの支部でもご相談いただけます

ビジネスサポートデスク
下京区四条通室町東入 京都経済センター(3階) TEL:075-341-9790
洛北ビジネスサポートデスク
左京区下鴨高木町6アトリエフォー1階 TEL:075-701-0349
洛西ビジネスサポートデスク
右京区西院巽町13 西院くめマンション1階 TEL:075-314-8771
洛南ビジネスサポートデスク
伏見区京町北7丁目11 増田組第2ビル1階 TEL:075-611-7085

閉じる