知恵-1グランプリ

第2回 知恵-1グランプリ(知恵-1GP)

知恵を深めてさらなる飛躍を!~企業の成長ステージに応じて3つの部門を募集~

京都商工会議所では、自社の強みや知恵を活かし新たな顧客を創造するビジネスモデルを「知恵ビジネス」として認定する「知恵ビジネスプランコンテスト」を2009年度より実施してまいりました。今ではこの動きがオール京都に広がり、知恵に関する認定を受けた企業、またその予備軍を含めると約3000社を数えます。

これら知恵の集積を活かし、それぞれの成長ステージでより深化させた知恵を展開し新たな知恵ビジネスの成長モデルを発信・発掘するため、昨年度よりこれまでの「知恵ビジネスプランコンテスト」をリニューアルし、「知恵-1グランプリ」を実施しています。

「知恵-1グランプリ」では、知恵ビジネスのすそ野拡大に向けた発掘を担う「チャレンジ部門」に加え、知恵の認定を受けた企業を対象に、さらに深化された知恵ビジネスである「イノベーション部門」、「コラボレーション部門」の3つの部門を募集します。

「知恵-1グランプリ」認定企業には、ビジネスプランの実行・実現に向け、専門家との連携、各支援機関の施策等も活用しながら、それぞれの成長段階に応じた支援を行います。

1.募集部門

各企業の成長ステージに合わせて3つの部門を募集します。

① 知恵の「イノベーション」部門
知恵の認証・認定企業(※注1)が、自社の強みや知恵を活用し、これまでの知恵ビジネスモデルを更に深化させ、新たな顧客創造を実現する取り組み。(単なる既存のビジネスプランのブラッシュアップでなく、社会課題解決型ビジネスモデル等、持続可能な社会の実現に向けた提案)
② 知恵の「コラボレーション」部門
知恵の認証・認定企業(※注1)が、自社の強みや知恵を活用し、同業他社や異業種との新たなコラボレーションを促進することで、相乗効果を発揮した画期的なビジネスモデルの取り組み。(単なる既存のビジネスプランのブラッシュアップでなく、コラボレーションすることで新たな顧客創造を実現する提案)
③ 知恵の「チャレンジ」部門
自社の知恵や強みを活かして顧客に新たな価値を提供しようとするビジネスプラン。(従来からの知恵ビジネスプランコンテストの後継。経営革新・第二創業)

(※注1)
該当する知恵の認証・認定制度は以下の通りです。

  • 知恵ビジネスプランコンテスト認定(京商)
  • 知恵-1グランプリ認定(京商)
  • 京都府元気印中小企業認定制度(京都府)
  • 経営革新計画承認制度(京都府)
  • 知恵の創出"目の輝き"企業認定(京都市産業技術研究所)
  • 京都市ベンチャー企業目利き委員会Aランク認定(ASTEM・京都高度技術研究所)
  • 京都市オスカー認定(ASTEM・京都高度技術研究所)
  • これからの1000年を紡ぐ企業認定(ASTEM・京都高度技術研究所)

2.公募対象

3部門共通

京都の特性や企業独自の強みを活かしながら、新たな知恵によって自社ならではのビジネスモデルや技術、あるいは商品・サービスを開発し、"顧客創造"を実現するビジネスプラン。

3.審査基準

3部門共通
  • 知恵の使いどころが巧み(独自性、優位性 等)
  • 知恵の使いどころが与えるインパクト(顧客創造力、社会性 等)
  • 知恵ビジネスの実現性(必要な経営資源の確保、事業計画の熟度 等)
  • 知恵の相乗効果(②部門のみ/数社がコラボすることによる効果 等)

上記に加え、①②部門では、市場性収益性成長性も重視します。

4.応募資格

京都府内に活動拠点を置く中小企業者(法人・個人事業者)

①「イノベーション」部門については、知恵の認証・認定企業(※注1)であること。

②「コラボレーション」部門については、知恵の認証・認定企業(※注1)を含む複数企業での応募であること。

5.認定表彰

部門ごとにグランプリと優秀賞を設けます。

  • ①「イノベーション」部門:グランプリ1社、優秀賞2社程度
  • ②「コラボレーション」部門:グランプリ1グループ、優秀賞1グループ程度
  • ③「チャレンジ」部門:グランプリ1社、優秀賞4社程度

6.募集スケジュール

ビジネスプラン申請書の書面審査、面接審査等を通じて認定します。

①「イノベーション」部門・②「コラボレーション」部門

  1. 公募期間
    令和3年9月17日(金)~11月18日(木)17時必着
  2. 書面審査 合否発表(※郵送)
    令和4年1月初旬予定

    ※書面審査の段階で決算書(2期分)の写しの提出をお願いする場合がございます。

  3. 個別面談
    令和4年1月中旬予定
  4. 知恵―1グランプリファイナルステージ・公開プレゼン審査・表彰式
    令和4年3月上旬

    ※書面審査通過者による公開プレゼン審査を実施し、グランプリ・優秀賞を決定します。

    ※同日に表彰式も実施します。

③「チャレンジ」部門

  1. 公募期間
    令和3年9月17日(金)~10月18日(月)17時必着
  2. 1次審査(書面審査) 合否発表(※郵送)
    令和3年11月中旬

    ※1次審査不採択の方を対象に、ビジネスプランのブラッシュアップを図る機会として専門家によるフォローアップ個別相談会を無料で実施します。
    実施日:令和3年12月中旬

  3. 2次審査(面接審査会)
    令和3年12月中旬

    ※書面審査通過者によるプレゼンテーションを実施、審査、認定表彰決定

    ※認定表彰件数 数件(グランプリ1社、優秀賞4社程度)を予定

    ※2次審査不採択の方を対象に、ビジネスプランのブラッシュアップを図る機会として専門家によるフォローアップ個別相談会を無料で実施します。
    実施日:令和4年1月中旬

  4. 知恵―1グランプリファイナルステージ・発表会・表彰式
    令和4年3月上旬

    ※認定者に発表会・表彰式にご出席いただきます。

7.認定特典 -各成長ステージに合わせたサポート-

各企業の成長ステージに合わせ専門家や他支援機関と連携するとともに、国・京都府・京都市等の支援施策も活用しながら、サポートを行います。

  • <①イノベーション部門、②コラボレーション部門>
    活動助成金の提供(グランプリ上限100万円、優秀賞上限50万円)
    ※プランの実現に向けた試作・開発・テストマーケティング・展示会出展などに活用いただける資金として

  • <③チャレンジ部門>
    京都商工会議所経営支援員による、認定後1年間の重点的な伴走支援
  • <その他の支援メニュー(①、②、③部門共通)>
[経営戦略・マーケティング]
経営戦略の構築から、商品開発・販路開拓、財務・労務・法務等の具体的課題解決まで、事業運営を幅広く助言します。 具体例 ・本所や各支援機関による専門家派遣(中小企業診断士等)の実施
[広報・プロモート]
京都商工会議所会報誌等による認定企業の紹介、メルマガ・HPによる新商品・サービス情報発信、プレス広報支援等、企業や取り組みの認知度向上を図ります。 具体例 ・マスコミ各社と連携した戦略的なプラン広報支援
・京都商工会議所新聞広告や会報誌、ホームページ等での紹介
[交流・マッチング]
京都商工会議所のネットワークをフル活用し、企業間の交流、取引先の紹介や、展示会出展サポート等により、販路開拓を支援します。 具体例 ・京都商工会議所及び関係機関・団体が実施する事業、イベント等におけるプレゼン、ピッチの場の提供
・各種展示会や企業間連携等ビジネスマッチングの情報提供、出展サポート
・販路、仕入先等の紹介
[資金調達・補助金活用]
各支援機関や専門家との連携により進捗状況に合う公的認定制度、補助金、融資制度の活用検討、認定プランの実行をサポートします。 具体例 ・各支援機関との連携による国、京都府、京都市等の認定制度や補助金の紹介・申請支援
・融資制度利用相談
[対外的評価の向上]
認定事業であることを記した認定証等を発行することなどにより、第三者からの評価も高まります。

※支援内容は各企業のビジネスプランや進捗状況によって変わるため、保証するものではありません

8.応募方法

提出書類 知恵-1グランプリ申請書(必須)※申請様式あり
送信先
お問合先
京都商工会議所 中小企業支援部 知恵産業推進課
〒600-8565 京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター7階
TEL:075-341-9781(担当:津川、金村、梅垣)
E-mail:bmpj@kyo.or.jp
提出方法 上記、E-mailアドレスに、ご送信ください。
※E-mailで送信できない冊子等の資料はご郵送ください。
提出期限 ①「イノベーション」部門/②「コラボレーション」部門
令和3年11月18日(木)17時必着

③「チャレンジ」部門
令和3年10月18日(月)17時必着

※受信確認メールの送信をもって申請完了としますので、上記メールアドレスからのメールの受信が出来る状態にしておいてください。
申請者向けダウンロード

公募要項 PDF版

申請書 MS-Word版

①「イノベーション」部門

②「コラボレーション」部門(様式1)

②「コラボレーション」部門(様式2)

※②「コラボレーション」部門については様式1・2の申請書の提出が必要です。

③「チャレンジ」部門

参考:申請書記載例 PDF版

①「イノベーション」部門

③「チャレンジ」部門

注意事項

  • 提出された書類は返却いたしません。
  • 申請書以外に審査に必要な書類の提出・閲覧を求めることがあります。
  • 提出された書類の内容に関して、事務局は一切責任を負いません。
  • 提出された内容について秘密は厳守いたしますが、特別のノウハウや営業上の秘密事項については、法的保護を行う等、応募者の責任で対応してください。
  • 応募企業が認定を受けた場合、企業名、代表者名、住所、電話番号、プランテーマ・概要等について公表することに同意いただけたものとして取り扱います。

9.お問合わせ先

京都商工会議所 中小企業支援部 知恵産業推進課(津川、金村、梅垣)
〒600-8565 京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター7階
電話:075-341-9781  FAX:075-341-9798  E-mail:bmpj@kyo.or.jp

知恵の誘発セミナー 
~知恵-1グランプリの応募を検討されている方にお勧め!~

経営戦略構築と新事業創出を目的に、ビジネスプランをお作りいただく実践的なセミナーです。
9月3日(金)、9月10日(金)、9月17日(金)13:30~17:00(全3回シリーズ)
https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_116004.html

閉じる