知恵ビジネスプランコンテスト

業界初の「IBCローリーサービス」によるエンジンオイルの販売システム
株式会社FUKUDA

同社では、1,500アイテムを超えるエンジンオイルなどを、自動車整備工場やカーディーラー、バイクショップなどに販売している。京都では、エンジオイルを専門に卸売を手がける会社は同社のみで、近畿2府4県を中心に約3,000件の顧客を抱える。

従来、エンジンオイルは、200Lの大きなドラム缶や20Lサイズのペール缶で一定量まとめて販売するのが一般的だった。しかし、オイル缶は重く、持ち運びなどの際に、顧客や社員に重労働を強いるほか、オイルをこぼして床を汚したり、重さで床を傷つけたりするなど、取り扱いに不便な点があった。そこで同社は、ドラム缶やペール缶の代わりに、オイルタンクを顧客に無償で提供し、IBCタンクと呼ばれる移動用コンテナを使って、1L単位でオイルを量り売りするビジネスプランを提案した。必要な時に必要な分だけを据え付けのタンクにオイルを補充すればよく、顧客や社員は重い容器を持ち運ばなくてもよくなり、作業負担や顧客の在庫負担の軽減につながる。また、何度でも再利用できるIBCタンクを使用することで、ドラム缶の廃棄が不要となり、環境保全にも貢献できる。エンジンオイルの販売分野で初めて「エコマーク」認定を受けるなど、同ビジネスの普及とともに、顧客である自動車整備工場などからは、「価格以外の付加価値でエコカーユーザーなどにエンジンオイルをお勧めできるようになった」といった声が出始めている。

自動車関連を取り巻く市場競争は激しさを増しているが、近畿エリアでこれまで培ってきた顧客とのネットワークをベースに、他社には真似できないきめ細やかで効率的なビジネス展開で販路拡大を狙う。


■審査委員長の目:龍谷大学 教授 佐藤 研司

同社が提供するサービスにより、自動車整備工場等は、ドラム缶やペール缶単位で仕入れていた潤滑油を必要な量だけ仕入れられるようになる。ドラム缶移動等の作業や缶の廃棄物処理が不要になるほか、潤滑油業界初のエコマーク商品となっていることも、エコカーユーザーに対する付加価値としてアピールできる。

<企業情報>
株式会社FUKUDA
代表者 : 福田 喜之
住所 : 京都市山科区大宅向山6番地
TEL : 075-573-3030
Web : http://www.fukuda-lub.co.jp
<事業内容>
自動車潤滑油卸売

閉じる