知恵ビジネスプランコンテスト

家具クリニックネットワーク
フィールドアロー株式会社

歴史を重ねた老舗家具店がひしめきあう市場で、新規参入企業ならではの斬新な発想で顧客のすの野を広げている。椅子張り、木工、鉄工など修理する分野によって対応できる職人が異なるのが通常だが、これをワンストップで対応する「家具クリニック」を展開。 見積もりを依頼された顧客が安心して断ることもできるよう「ワンコイン(500円)出張見積もり」で顧客を開拓している。さらに、USED家具の風合いを変えたり、全く異なる家具に作り変えたりして付加価値をお高める「家具リメイク」も実施。こうした取り組みが可能なのも、同社がこれまで社内外において形成してきた優秀な職人ネットワークの支えによるところが大きい。

今回のコンテストでは、地域家具店との提携による「家具クリニックネットワーク」が認められた。同社が持っている修理技術や見積ノウハウを地域店に提供。ネットワークに参加する企業や店舗が互いに"Win-Win"の関係を築くことで、ビジネスモデルの全国的な普及・拡大をめざしていく。 同社にとっては、提携店の修理をバックアップすることでの業務拡大のほか、自ら在庫を抱えずとも提携店の家具を活用することで多様なリメイク商品が揃うというメリットがある。 一方、提携先にとっては、埋もれた修理ニーズを掘り起こすことで新規顧客を獲得するチャンスとなるとともに、リメイク用の新品・USED家具を販売する機会が増え売上げの向上が望める。既に、京都市内や滋賀県内の家具店との提携に取り掛かっている。

家具は思い入れの強い商品であり、多くの顧客が「捨てられない」「長く使いたい」という要望を持っている。こうしたニーズに応えることによって、価格競争とは無縁の新たな独自マーケットが生み出されるに違いない。


家具ネットワークを支えるのは熟練の職人達。


こだわりの家具が並ぶ店内。修理やリメイクなどで一品を大事にする顧客を取り込む。


■審査委員長の目:龍谷大学 教授 佐藤 研司

家具の修理・リメイクビジネスという"ありそうでなかった"着眼点に魅力が感じられる。修理という市場を開拓する仕組みとして「ワンコイン見積もり」というサービスを実施したり、USED家具に付加価値をつけて販売する家具のリメイク事業など、独自の工夫により、これまで埋もれていた市場の開拓に成功している。 これをビジネスモデルとして完成させることができれば、全国展開につながっていくものと思われる。

<企業情報>
フィールドアロー株式会社
代表者 : 矢野 雅也
住所 : 京都市中京区二条通高倉西入ル松屋町58-2
TEL : 075-212-8360
Web : http://www.fingermarks.net/
<事業内容>
家具の製造・修理・小売業

閉じる