お知らせ・更新情報

事業復活支援金の事前確認について


「事業復活支援金」の申請に当たり、以下の注意事項を踏まえた上で、各手続きを進めて頂きますよう、お願い致します。
※本所は、申請手続きのサポートを行ったり、給付の審査結果を約束したりするものではありませんので、予めご了解願います。


「事業復活支援金」の申請には、登録確認機関での事前確認が必要です

※申請期間が6月17日(金)まで延長されたことに伴い、本所の事前確認についても延長します。
なお、本所の事前確認の予約枠が埋まり次第、新規の受付を終了致します。

この事前確認は、下記の3点を確認するものです。

・事業実態の有無の確認
・新型コロナウイルス感染症の影響を受けているかの確認
・本支援金の給付対象等を正しく理解しているかの確認

本所は事前確認を行いますが、申請手続きのサポートは行っておりません。また、事前確認は給付の審査結果を約束したりするものではありませんので、予めご了解願います。


《次の方は”事前確認”不要です》
「一時支援金」または「月次支援金」を受給された方

※但し、直近の支援金受給時から、合併・事業承継・法人成りなどの事業形態の変更もしくは申請主体の変更があった場合は、改めて事前確認が必要となります。

 
事業復活支援金の概要


事業復活支援金は、新型コロナウイルス感染症の拡大や長期化に伴う需要の減少又は供給の制約により大きな影響を受け、自らの事業判断によらず売上が大きく減少している中堅企業、中小企業その他の法人等及びフリーランスを含む個人事業者に対して、2021年11月から2022年3月までの期間における影響を緩和して、事業の継続及び立て直しのための取組を支援するため、事業全般に広く使える支援金を迅速かつ公正に給付するものです。

詳細については、以下のサイトにてご確認下さい。
経済産業省 復活支援金 
復活支援金 特設サイト 

【給付対象】

次の①と②を満たす必要があります。
①新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者
※具体的な影響は「事業復活支援金の詳細について」P4、及びP5~7参照
②「2021年11月~2022年3月」のいずれかの月の売上高が、「2018年11月~2019年3月」、「2019年11月~2020年3月」、「2020年11月~2021年3月」のいずれかの期間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者

【給付額】

給付額 = 「基準期間」の売上高 ― 「対象月」の売上高 × 5
(基準期間)「2018年11月~2019年3月」、「2019年11月~2020年3月」、「2020年11月~2021年3月」のいずれかの期間(基準月を含む期間であること)
(対象月)2021年11月~2022年3月のいずれかの月 (基準期間の同月と比較して、売上が50%以上又は30%以上50%未満減少した月であること)
事業復活支援金シミュレーション(事業復活支援金サイトへリンク)

【給付上限】
無題.png
   ※法人の年間売上高は基準月を含む事業年度の年間売上高。

【申請受付期間】※延長分

~2022年6月17日(金)まで   
※事前確認の実施は2022年6月14日(火)まで
※「申請IDの発行」は5月31日(火)までとなりますので、ご注意ください。
〔5月31日(火)までにアカウントを発行しないと申請することができません。〕

【申請までの流れ】

1.制度の内容を理解し、該当することを確認する
→ご不明な方は、事業復活支援金事務局相談窓口(0120-789-140)へご相談下さい。
※本所では申請内容に関する判断は行いません。

2.事業復活支援金ホームページより申請IDを取得する
<仮登録(申請IDの発番)をする>
※Google Chrom又はMicrosoft Edgeの最新バージョンでご利用下さい。

3.登録確認機関での事前確認を受ける
①「団体の会員・組合員の方は当該団体」に、「金融機関と事業性の与信取引がある方は当該金融機関」に、「顧問の士業がいる方は当該士業」に、事前確認を依頼する。
※登録確認機関の会員等の場合、事前確認を一部簡略化できます。
②事前確認を行う登録確認機関が見つからない場合は、事務局の相談窓口で相談、又は事業復活支援金事務局が設置するホームページ内の検索画面より他の登録確認機関を検索して下さい。
③京都商工会議所にて確認番号発行を希望される方は下記「京都商工会議所が行う事前確認事務について」(本ページ下部)を確認下さい。

4.事業復活支援金事務局ホームページにアクセスし、本申請を行う
・事業復活支援金事務局への本申請等は電子申請になります。インターネットをお使いになれない場合は、各都道府県に設置されている申請サポート会場にお問い合わせ下さい。
申請サポート会場とは
申請サポート会場一覧
・電話予約窓口(オペレーター対応) TEL 0120-789-140 (土日・祝日含む8:30~19:00)

【京都商工会議所が行う事前確認事務について】

京都商工会議所の会員事業所の皆様に以下の確認事務を行います(確認事務手数料は無料)ので、「確認事務の流れ」の手順に沿って手続きをお願いします。

◆事前確認を希望される方は、下記の申請受付期間までに事前確認をお済ませ下さい。
 事業復活支援金 申請受付期間(延長):2022年6月17日(金)まで 
 ※事前確認(延長)は2022年6月14日(火)まで
 ※なお、「申請IDの発行」は5月31日(火)までとなりますので、ご注意ください。
 〔5月31日(火)までにアカウントを発行しないと申請することができません。〕


[京都商工会議所の会員事業所]

1.下記より「確認依頼書(本所会員用)」をプリントアウトし、1枚目の各欄①~⑪などの必要事項・2枚目のチェック項目に記入の上、代表者本人が署名(自署)して下さい。

<会員の条件>
過去1年以上会員継続している、又は、今後も含め会員 期間が1年以上であることが必要です。
・令和3年度以前の会費に未納のある方は、会費を完納いただく必要があります。

北・左京・上京・中京・下京区 及び 管外(特別会員)の会員事業者はこちら →「確認依頼書(本所会員用)」(PDF)

南・伏見・山科・東山・西京・右京区の会員事業者はこちら →「確認依頼書(本所会員用)」(PDF)


・法人番号はこちら→国税庁法人番号公表サイト ※Google Chrom又はMicrosoft Edgeの最新バージョンでご利用下さい。
・会員事業所ナンバーは、会員証左下の「事業所No」または隔月でお送りしております会報誌「京Business Review」宛先ラベルの左下に記載の7桁の番号です。ご不明な方はお問い合わせ下さい。

京都商工会議所ビジネスサポートデスク TEL:075-341-9777<事業復活支援金の事前確認事務専用>(平日10:00~16:00)

2.記入できた「確認依頼書(本所会員用)」を、その書面の上段に記載してある宛先にFAX(FAXがない場合は郵送、または持参)して下さい。確認依頼書を受領し、会員情報と照会後、京都商工会議所から代表者へお電話し、確認依頼書の記載事項を口頭で確認させていただきます。

・京都商工会議所から代表者へのご連絡は、平日の9:00~17:00とさせていただきます。
・FAXでは送信後3営業日以内、郵送の場合は投函後5営業日以内に京都商工会議所から折り返しの連絡がない場合は、恐れ入りますがお問い合わせ下さい。
※確認後、「確認依頼書」に記載の申請IDにより事前確認の情報を京都商工会議所で登録システムに入力します。



[ご確認ください]


[京都商工会議所会員ではない事業所]

※受付対象は定申告書に記載されている住所が京都市内(旧 京北町を除く)の事業者のみです。

確認手続きの内容及び準備頂く資料等についてご説明いたしますので下記までご連絡下さい。
京都商工会議所ビジネスサポートデスク TEL:075-341-9777 <事業復活支援金の事前確認事務専用>(平日10:00~16:00)

・資料が準備でき次第、別途日程調整の上、本所が指定する会場で確認手続きを行います。
・申請期間が6月17日(金)まで延長されたことに伴い、本所の事前確認についても延長しますが、予約枠には限りがありますので予めご了承下さい。
・予約枠が埋まり次第、新規の受付を終了致します。


【事業復活支援金全般に関するお問い合わせ】 
 事業復活支援金事務局 相談窓口 <申請者専用> TEL 0120-789-140
     IP電話からのお問い合わせ Tel 03-6834-7593(通話料がかかります)
     8:30~19:00 (土日祝日を含む)

【京都商工会議所による事前確認に関する問合せ先(平日10:00~16:00)】
  京都商工会議所ビジネスサポートデスク 
  TEL 075-341-9777(事業復活支援金 事前確認専用)
  FAX 075-341-9797