Loading...

京都商工会議所の会員になりませんか?

140年の歴史

12,000社のネットワーク

京都商工会議所とは

京都商工会議所は、業種・業態や規模の大小を問わず京都市内(京北町を除く)すべての商工業者が会員として参加できる地域総合経済団体です。

会員企業の成長・発展をお手伝いする経営支援活動、京都の魅力やブランド価値を高めるための活動等を通じ、京都企業や地域の発展をサポートしています。

12000社のネットワーク!

規模の割合

中小・小規模事業者:96%

中小・小規模事業者

多彩な会員!

業種割合

サービス業 32%、製造業 22%、小売業 20%、卸売業 12%、建設業 10%、その他 4%

京商のサービスをご紹介

詳しいサービス内容掲載したパンフレットデータをご用意しています。

京商活用BOOK

入会について

入会資格

業種・業態、事業規模、本・支店を問わず入会できます。

京都商工会議所 定款

  • 京都市内(京北町除く)に事業所のある商工業者は、法人・団体・個人事業主など、規模の大小を問わず、ご入会いただけます。
  • 上記以外の場合でも、京都商工会議所の趣旨に賛同いただける方は、特別会員としてご入会いただけます。

詳細は『会員部(075-341-9760)』までお問い合わせください。

費用

会員種別 加入金 年会費(資本金額、従業員数、創業年など事業規模に応じて
お納めいただきます)
法人会員
団体会員
4,000円
(入会初年度のみ)
33,000円~
(1口 11,000円)
個人会員 21,600円~
(1口 7,200円)
特別会員 21,600円~
(1口 7,200円)
  • 京都市内に事業所をお持ちでない場合は、特別会員となります。
  • 事業所の規模により、年会費に加え、特定商工業者負担金4,000円が別途必要な場合があります。加入金、年会費、特定商工業者負担金は全額損金または必要経費に算入できます。
  • 入会承認後、入会後の案内とともに、会費等請求書を送付させていただきますので、お手続きください。2年目以降は、4月と10月の年2回に分けて請求します。口座振替もお選びいただけます。

特定商工業者制度とは

入会手続きの流れ

申込書記入方法はこちら

京都商工会議所の使い方

もっと気軽に。もっと自由に。
京都商工会議所をもっと活用しませんか。

経営支援事例

ネットワークを拡げる

12の部会と異業種交流で生まれる新たなビジネスチャンス!

部会
京都商工会議所は活発な部会活動が特徴の1つです。
12の部会がそれぞれ、講演会やセミナー・視察見学会・交流懇親会などを定期的に開催、ゴルフコンペを行う部会もあります。
部会 事業
小売商業部会 各種商品小売業など
卸売商業部会 各種商品卸売業など
繊維・染織部会 繊維製品・染織に関連する事業
電機・機械金属部会 電機・電子部品、機械金属に関連する事業
建設産業部会 建設・各種工事業、不動産業、木材・建材に関連する事業
食品・名産部会 一般飲食料品、工芸・名産品に関連する事業
化学部会 化学工業品に関連する事業
生活産業製造部会 生活基盤となるインフラ・環境関連の製造業及び同関連事業
観光・運輸部会 観光に関連する飲食・サービス、運輸関連事業
金融部会 銀行・証券・保険など金融に関連する事業
文化・情報部会 出版・デザイン、情報・通信、その他文化産業に関連する事業
サービス産業部会 その他生活関連サービス、専門サービス、事業サービス業

部会のほかにも、地域やテーマに応じた各種ビジネス交流会を多数開催しており、異業種交流によって新たなビジネスが数多く誕生しています。また、女性経営者の視点から京都の地域振興に取り組む「女性会」、次代を担う経営者が集う「青年部」、京都に本社を置かない代表者の集い「支店長会」もございます。

  • 女性会

    (入会資格:本所会員である女性経営者)

  • 青年部

    (入会資格:満20歳以上45歳以下の本所会員の経営者もしくは後継者)

  • 支店長会
    支店会員代表者の交流と、京都の歴史や文化に対する理解の促進を目的としています。京都に本社を置かない会員の皆さんに事業のご案内を致します。

女性会、青年部は別途入会申込・年会費が必要です。

交流BOOK

各部会や交流事業を一挙にご紹介します!

交流BOOK

Q & A

誰でも入会することができますか?
事業活動を行っていれば、規模、業種を問わず、入会できます。(役員会での承認が必要です。)
「個人会員」「法人会員」「団体会員」「特別会員」は何が違うのですか?
「個人会員」は個人事業主、「法人会員」は株式会社、有限会社等の会社法人格を有する商工業者。「団体会員」は協同組合、医療法人、税理士法人、社団法人、財団法人、特定非営利活動法人などを指します。「特別会員」は、京都市内に事業拠点のない商工業者ならびに非商工業者で、本所の趣旨に賛同される方。
(特別会員は本所役員議員選挙の選挙権・被選挙権がありません。)
支店や営業所でも入会することはできますか?
支店や営業所としてもご加入いただけます。
「特定商工業者」について教えてください。
「特定商工業者」とは商工会議所法で定められた、ある一定の規模以上の事業者のことです。一定規模以上とは4月1日現在、6カ月以上継続して京都市内に本支店・工場などの事務所があり、営業している商工業者で資本金または払込済出資額が300万円以上もしくは、従業員数が20人(商業またはサービス業は5人)以上の事業所を指します。
特定商工業者の方が京都商工会議所の会員サービスをご利用になるためには、別途、京都商工会議所への入会が必要です。
年度の途中で入会はできますか?
入会は随時受け付けておりますが、毎月(8月以外)の役員会において審議・承認を経る必要がございます。
入会したらすぐにサービスを利用できますか?
正式な会員サービスのご利用は、入会が承認され、初年度の会費等を納入いただいた後になります。「急ぎサービスを利用したい」といった場合はご相談ください。
会員になると定期的な会合に参加する必要がありますか?
ご都合に合わせて自由にご参加いただければ結構です。
会員を続けるためには年度ごとに更新が必要ですか?
特別な手続きは必要ありません。お申し出がない限り、自動的に継続させていただきます。
年会費は経費に算入できますか?
加入金、年会費、特定商工業者負担金は、全額損金または必要経費として算入できます。
初年度の会費はいつ支払えばよいですか?
入会承認後、会員証などとともに、会費等請求書を送付させていただきますので、納期限迄にお手続きください。2年目以降は、4月と10月の年2回に分けてご請求申し上げます。
会費の支払い方法を教えてください。
入会初年度は、銀行振り込みをお願いします。2年目以降は口座振替もお選びいただけます。
親会社が京都商工会議所の会員なのですが、子会社もサービスを利用できますか?
会議所のサービスは1事業者・1法人単位での入会を基本としております。別会社等でサービスの利用をご希望される場合は、別途ご入会をお願いします。
年度途中で退会することはできますか?
退会はご事情に応じて承ります。但し、年度末(3月)の2か月前までに書面でのお申し出が必要です。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。

お電話の場合はこちらから
075-341-9760

ビジネスサポートデスクでも入会の説明やお手続き承ります。

  • ビジネスサポートデスク

    担当行政区
    上京区・中京区・下京区・東山区・山科区
    • 075-341-9790
    • 〒600-8565
      下京区四条通室町東入
      京都経済センター3階
  • 洛北ビジネスサポートデスク

    担当行政区
    北区・左京区
    • 075-701-0349
    • 〒606-0864
      左京区下鴨高木町6
      アトリエフォー1階
  • 洛西ビジネスサポートデスク

    担当行政区
    右京区・西京区
    • 075-314-8771
    • 〒615-0014
      右京区西院巽町13
      西院くめマンション1階
  • 洛南ビジネスサポートデスク

    担当行政区
    南区・伏見区
    • 075-611-7085
    • 〒612-8086
      伏見区京町北7丁目11
      増田組第2ビル1階