トップページ階層別 > 管理者

管理者

管理者一覧

使命・役割・スキル習得セミナー

管理者としての

日時
平成31年3月14日(木) 9:30〜16:30
講師
株式会社おがわコーポレーション 代表取締役 小川 和広 氏
研修目的
  1. 今の管理者に求められる職場改善と部下育成のポイントを学ぶ
  2. グループ討議や演習で、"今の自分"を認識する
  3. 参加者の意見を参考にしつつ、スキルアップの実行計画を策定する
詳細を見る

リーダーシップとチームマネジメント

年上部下を持つ人のための

日時
平成31年3月4日(月)9:30〜16:30
講師
DOORS PRODUCE 代表 中山 美佐子 氏
研修目的
  1. 年上メンバーとの協力体制をつくるコツを知る
  2. 対話で目標を共有する目標管理とチームマネジメント手法を学ぶ
  3. 現場における相互理解・相互支援の活用方法を知る
詳細を見る

ほめ方・叱り方・育て方

今どきの若手社員のやる気と成長を促す

日時
平成31年1月29日(火)9:30〜16:30
講師
ハートリンク 代表 阿部 紀子 氏
研修目的
  1. 今どきの若手社員の特徴を理解する
  2. やる気と成長を促すほめ方・叱り方を習得する
  3. 様々な効果的な指導法を習得する
詳細を見る

組織を活性化させるポジティブリーダー育成研修

逆境に負けないリーダーになるために、押さえておくべき3つのポイント

日時
平成30年12月11日(火)9:30〜16:30
講師
CDM 代表 伊東 廣賀 氏
研修目的
  1. 自らの事象に対しての受け止め方(理解)の癖を理解する
  2. 組織を活性化させるリーダーのあり方について理解する
  3. 組織を活性化させるコミュニケーションのポイントを理解する
詳細を見る

部下の力を引き出し成果を上げる4つのスキル

目標設定だけでなく、達成方法や上司の支援内容も話し合う!

日時
平成30年11月20日(火)9:30〜16:30
講師
株式会社Y's ディスカヴァー 代表取締役 小林 芳子 氏
研修目的
  1. 課題を明確化し、コミュニケーションギャップの対処法を理解する
  2. 管理者の役割を理解し、組織、メンバーとの関わりについて学ぶ
  3. 体験を通じて相手のやる気を引き出すコミュニケーション法を学ぶ
詳細を見る

部下指導の「知恵を知識に高める」着眼点

自身の「知識」を「実践行動ができる知恵」へ変える

日時
平成30年11月9日(金)9:30〜16:30
講師
クリーク大阪 社労士事務所 教育訓練トレーナー 入江 幸男 氏
研修目的
  1. 頭で「分かる」から体で「行動する」までの実践方法を学ぶ
  2. リーダーに必要な5つの着眼点で知恵の出し方を理解する
  3. 翌日から使える行動のヒントを得る
詳細を見る

人事考課実践セミナー

納得性を高め、やる気を引き出す!

日時
平成30年11月2日(金)9:30〜16:30
講師
ビジネス ディベロップ サポート 代表 大軽 俊史 氏
研修目的
  1. 考課者として留意すべき点・評価の着眼視点を学ぶ
  2. 目標管理における目標設定時の具体的なポイントをケースにより学ぶ
  3. 効果的な目標設定&フィードバック面談の基本的な進め方を学ぶ
詳細を見る

「4つのタイプ」別部下との付き合い方

世界のリーダーたちも知っている「自己理解・他者理解」マトリックス

日時
平成30年10月19日(金)9:30〜16:30
講師
DOORS PRODUCE 代表 中山 美佐子 氏
研修目的
  1. 部下育成に活かす「4つのタイプ」を理解する
  2. 自身と部下のタイプを知ることで、やってはいけないことが見えてくる
  3. ほめ方、動機づけ、場面による「4つのタイプ」のツボを知る
詳細を見る

「強い組織を作る」リーダー力強化研修

これからの時代にリーダーに求められる5つの力とは?

日時
平成30年10月17日(水)9:30~16:30
講師
株式会社ビズパワーズ 代表取締役 柳瀬 智雄 氏
研修目的
  1. 組織を活性化し、明るく元気な職場を実現する思考法と行動を学ぶ
  2. 「アメとムチ」に頼らない主体性を引出す動機付けの方法を学ぶ
  3. 部下との信頼関係構築方法を学び、パワーハラスメントを防止する
詳細を見る

経営者・管理者必須!人事評価実践研修

人事評価制度を導入したものの、機能していない貴社に

日時
平成30年9月20日(木)9:30〜16:30
講師
B.M.C.カタヤマ 代表 片山 明 氏
研修目的
  1. 人事評価制度の目的と管理監督者の役割を再認識する
  2. 評価者の心構えや人事評価の手順、留意点を習得する
  3. 事例演習を通じて評価者間の目線を合わせる
詳細を見る
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11