トップページ職種別 > 経理・財務

経理・財務一覧

労働保険・社会保険の仕組みと手続きのポイント徹底マスター

両立支援の手続きを理解し、労働保険・社会保険のエキスパートになろう!

日時
平成31年2月14日(木)9:30〜16:30
講師
Faith経営労務事務所 土井 文子 氏
研修目的
  1. 労働保険、社会保険における正しい知識を身につける
  2. 実際の事例から、その時にどう判断し、処理・対応するかを学ぶ
  3. 事例研究で、実際の手続きを行いながら実務の理解を深める
詳細を見る

基礎から学ぶ総務と経理のポイント

はじめての人でもよくわかる

日時
平成30年11月5日(月)9:30〜16:30
講師
國谷公認会計士・税理士事務所 國谷 和正 氏
研修目的
  1. 社会保険と労働保険の仕組みと手続きを理解する
  2. 給料と賞与からの源泉徴収と年末調整の仕組みと手続きを理解する
  3. 日常の経理業務の注意点と決算書を理解する
詳細を見る

プロフェッショナル経理担当講座

経理の重要性と可能性を再認識し、社長の右腕に!

日時
平成30年9月28日(金)9:30~16:30
講師
株式会社MHCアドバイザリーサービス 代表 四方 浩人 氏 ほか
研修目的
  1. プロ視点から見た経理の役割と業務をもう一度おさらいする
  2. 財務分析、資金管理、予算管理、原価管理、数値計画を武器にする
  3. 各部門の連携をスムーズにするための経理の役割を明確にする
詳細を見る

魅力ある職場づくりのための助成金活用法

助成金をフル活用した戦略的働き方改革

日時
平成30年8月2日(木)9:30〜16:30
講師
社会保険労務士事務所オフィス ルシール 代表 山下 典子 氏
研修目的
  1. 社会の変化や最新の法制度、労働者のニーズを知る
  2. 未来の会社像に必要な制度、活用できる助成金を知る
  3. 他社事例から自社で活用できる知識・ノウハウを学ぶ
詳細を見る

多様な人材の雇用・育成と働き方改革

様々な年代やワークスタイルの人々を受け入れることで生産性を高める

日時
平成30年7月6日(金)9:30〜16:30
講師
株式会社ユメコム 常務取締役 橋本 珠美 氏
研修目的
  1. シニア世代の活用によって人材不足を解決する
  2. 障がいの種類や生活状況を理解する
  3. 育児や介護などの家族環境の変化にあわせた働き方を探る
詳細を見る

社会保険・労働保険の実務講座〈応用編〉

複雑化した制度をわかりやすく解説

日時
平成30年5月25日(金)9:30〜16:30
講師
有限会社イマジン 代表 原田 孝一朗 氏(社会保険労務士) 他
研修目的
  1. 社員からの問い合わせに対応できる知識を身につける
  2. スムーズな処理を行うための方法とポイントを理解する
  3. 実際に書類を書いてみることで理解を深める
詳細を見る

社会保険・労働保険の実務講座〈基礎編〉

はじめて人事労務担当者になられた方向け

日時
平成30年5月24日(木)9:30〜16:30
講師
有限会社イマジン 代表 原田 孝一朗 氏(社会保険労務士) 他
研修目的
  1. 必須の社会保険・労働保険の知識を身につける
  2. ミスなく手続きを行うためのポイントを理解する
  3. 実物の書類を見て、各手続きの流れを理解する
詳細を見る

基礎から学ぶ頼れる経理担当者育成講座

会社業務・会計税務とも熟知した公認会計士が教える

日時
平成30年4月18日(水)9:30〜16:30
講師
伊藤弥生公認会計士・税理士事務所 代表 伊藤 弥生 氏
研修目的
  1. 会社の業務全体を理解した上で、経理の仕事の基礎を学ぶ
  2. 業務カレンダーを通じて毎日、毎月、毎年の仕事を具体的に理解する
  3. 経理の仕事への意識を高める
詳細を見る

ワンランク上を目指そう!プロフェッショナル経理担当講座

経理担当者から社長の右腕になるために必要なスキルを伝授します

日時
平成29年9月12日(火)9:30~16:30
講師
株式会社MHCアドバイザリーサービス 代表 四方 浩人 氏 ほか
研修目的
  1. プロ視点から見た経理部の役割と業務をもう一度おさらいする
  2. 財務分析、資金管理、予算管理、原価管理、数値計画を武器にする
  3. 各部門の連携をスムーズにするための経理部の役割を明確にする
詳細を見る

基礎から学ぶ頼れる経理担当者育成講座

会社業務・会計税務とも熟知した公認会計士が教える

日時
平成29年4月18日(火)9:30〜16:30
講師
伊藤弥生公認会計士・税理士事務所 代表 伊藤 弥生 氏
研修目的
  1. 会社の業務全体を理解した上で、経理の仕事の基礎を学ぶ
  2. 業務カレンダーを通じて毎日、毎月、毎年の仕事を具体的に理解する
  3. 経理の仕事への意識を高める
詳細を見る
1  2  3  4  5