トップページ職種別 > 生産・製造

生産・製造

生産・製造一覧

ヒューマンエラーの原因と対策方法

製造現場の不良削減に向けた中小企業にも実践できる方法

日時
平成30年6月29日(金)9:30〜16:30
講師
株式会社アイリンク 代表取締役 照井 清一 氏
研修目的
  1. ミスが起きにくい仕事の仕方を理解する
  2. ミスが起きても問題にならない方法を理解する
  3. ミスを防ぐ方法を演習で実践的に理解する
詳細を見る

製造現場スタッフの戦力向上講座

QCDの改善を体系的に理解し、問題点に気付く力を向上

日時
平成30年5月18日(金)9:30〜16:30
講師
IMPコンサルタント 代表 山田 耕一 氏
研修目的
  1. 製造現場スタッフに必要なスキルを体系的に把握する
  2. 品質管理の必要性および改善手法の理解を深める
  3. 現場改善のための基本的な手法を把握する
詳細を見る

ヒューマンエラーの原因と対策方法

製造現場の不良削減に向けた中小企業にも実践できる方法

日時
平成29年10月12日(木)9:30〜16:30
講師
株式会社アイリンク 代表取締役 照井 清一 氏(中小企業診断士)
研修目的
  1. ミスが起きにくい仕事の仕方を理解する
  2. ミスが起きても問題にならない方法を理解する
  3. ミスを防ぐ方法を演習で実践的に理解する
詳細を見る

1日でわかる製造業の原価計算と価格交渉術

利益を増やすための原価計算と見積、価格交渉術を学ぶ

日時
平成29年7月4日(火)9:30〜16:30
講師
株式会社アイリンク 代表取締役 照井 清一 氏(中小企業診断士)
研修目的
  1. 中小企業ができる簡単な原価計算方法を理解する
  2. 値引き交渉を配慮した見積の作り方を学ぶ
  3. 価格交渉の方法を理解する
詳細を見る

ムダを省く5S研修 ※残席わずか

職場の活性化、業務効率化のための改善ツール「5S」を学ぶ

日時
平成29年5月17日(水)9:30〜16:30
講師
株式会社バリューシンク 代表取締役 林 浩史 氏
研修目的
  1. 5S活動そのものは目的でなく、目的を達成する手段と理解する
  2. 5S活動を推進して、業務を効率化していく重要性を理解する
  3. 自社の5S活動の現状を認識し、効果的な5Sに変える方法を知る
詳細を見る

平成29年度 京商ビジネススクール 新入社員研修【G】 製造の基本マスターコース

真のプロフェッショナルを目指して!

日時
平成29年4月13日(木)9:30~16:30
講師
Factory Plus One 代表 島田 宏樹 氏
研修目的
  1. 製造業に従事する者としてのものづくりの基本と心構えを学ぶ
  2. 自身の心がけが作業精度を大きく左右することを理解する
  3. 製造業における正しい仕事のやり方を理解し、作業の重要性を学ぶ
詳細を見る

効果的な5Sの仕組みづくり

やらされる5Sではなく、自ら行う5Sを学ぶ

日時
平成29年1月26日(木) 9:30~16:30
講師
エイチ アンド キュー 代表 辻川 佳男 氏
研修目的
  1. 効果的な5Sが継続的に行える仕組みづくりを学ぶ
  2. 現実、事実を正確に捉える視点を身につけ、問題解決能力が向上する
  3. 社内に正しい5Sを指導し定着化に導く
詳細を見る

平成28年度 京商ビジネススクール 新入社員研修【G】 製造の基本マスターコース

真のプロフェッショナルを目指して!

日時
平成28年4月12日(火)9:30~16:30
講師
Factory Plus One 代表 現場改善コンサルタント 島田 宏樹 氏
研修目的
  1. 製造業に従事する者としてのものづくりの基本と心構えを学ぶ
  2. 自身の心がけが作業精度を大きく左右することを理解する
  3. 製造業における正しい仕事のやり方を理解し、作業の重要性を学ぶ
詳細を見る

[視察研修] モデル工場から学ぶ 〜生産管理力を強化する〜

職場を活性化させるリーダーの条件を学ぶ

日時
平成27年9月15日(火) 9:30~16:30
講師
Bridge生産・監査研究所 代表 橋本 勉 氏
研修目的
  1. 生産現場での人材育成のポイントを学ぶ
  2. 生産管理及びその改善の着眼について学び、実践ポイントを知る
  3. グループ討議を通じて、自社の課題発見や気付きの機会を得る
詳細を見る

効果的な5Sの仕組みづくり

実は、職場の問題はほとんどが5Sで解決できます

日時
平成27年4月21日(火) 9:30~16:30
講師
エイチ アンド キュー 代表 辻川 佳男 氏
研修目的
  1. 効果的な5Sが継続的に行える仕組みづくりを学ぶ
  2. 現実、事実を正確に捉える視点を身につけ、問題解決能力の向上を目指す
  3. 社内に正しい5Sを指導し定着化に導く
詳細を見る
1  2  3