トップページテーマ別 > お客様をファンにするクレーム応対セミナー

テーマ別

お客様をファンにするクレーム応対セミナー

このセミナーは終了致しました

テーマ別 コミュニケーション

クレーム応対で面白いほど使える心理効果とは?

クレーム応対はテクニックだけでは解決できない!!
研修目的
  1. クレームは対応ではなく応対だと理解し、CS向上に繋げる
  2. 心理効果を入れた聴き方・話し方を体得する
  3. コミュニケーションの癖を知り、苦情を招かない人になる

主催/京都商工会議所

日時・会場・受講料

日時 2020年1月22日(水)9:30〜16:30
会場 京都経済センター(京都市下京区四条通室町東入)
※阪急「烏丸駅」、地下鉄「四条駅」下車すぐ 26番出口直結
受講料
  • 京都商工会議所会員 19,800円
  • 一 般  29,700円
  • ※消費税込
支払方法 京都銀行 本店営業部(普)No.5017759
口座名:京都商工会議所 研修口

お申込み後、速やかに上記口座までお振込み下さい。

振込手数料はご負担頂きますようお願い致します。

開催日の約5営業日前に申込責任者または受講者宛にメールにて受講証をお送りします。なお、申込人数が少ない場合には開催を取りやめる事があります。

開催日の5営業日前(17時)を過ぎてからの受講取消については受講料の返金をいたしかねますので、ご了承ください。ただし、代理出席は可能です。その際はお早めにご連絡ください。

お申込み・お問合せ 会員部 研修事業課
TEL :075-341-9762
FAX :075-341-9795
E-mail jinzai@kyo.or.jp
備考  
セミナーお申込み FAXでのお申込み(チラシの印刷)

講師

ヴォイスシーナ 代表 加藤 しおな 氏

㈱USEN退職後、MC・ナレーション・研修講師として実績を積み、1998年㈱パソナ入社。研修チーム責任者に就任し、研修企画・立案・筆頭講師として各種ビジネスマナーやコミュニケーション心理効果研修を専門とする。2006年独立。企業・自治体・大学など多方面にて、リピート率の高い参加型研修を展開。

プログラム

1.はじめに 【グループ討議】
 (1)アイスブレイク
 (2)研修の目的

2.CS(顧客満足)とは〜CS定義〜 【演習・グループ討議】
 (1)時代が求める顧客満足そして感動とは?
 (2)CS五大基本要素
 (3)あなたの洞察力チェック
 (4)ケーススタディー

3.クレームの基本 〜苦情との違い〜 【演習】
 (1)クレームとは何か?苦情との違いを理解する
 (2)クレーム応対度チェックシート
 (3)クレームの種類を把握する

4.心理的影響 〜人財力アップ〜 【演習・グループ討議】
 (1)顧客心理で行動が変わる。クレームになりやすい人とそうでない人の基本
 (2)自身のコミュニケーションの癖を知る
 (3)第一印象の重要性
 (4)固定観念を取り除く
 (5)受け止め方が重要

5.クレーム応対1 〜積極的な聴き方〜 【ペア演習】
 (1)クレーム応対基本の流れ
 (2)傾聴姿勢と効果的な座る位置・アイコンタクト
 (3)傾聴のピラミッド・相槌

6.クレーム応対2 〜心を開く話法〜 【演習・グループ討議】
 (1)お詫びの位置の紹介変化で受ける心理
 (2)クレーム応対満足度要因ベスト5から見るプラスαの言葉を考える
 (3)周辺言語
 (4)敬意表現マジックフレーズ
 (5)アサーティブコミュニケーション
 (6)ケーススタディ
 (7)解決策の提案法

7.最終手段の紹介
  悪質クレーマーやリピートクレーマーの対処法

セミナーお申込み