トップページ国際ビジネス研修 > 新形式TOEICで基礎から学ぶビジネス英語講座

国際ビジネス研修

新形式TOEICで基礎から学ぶビジネス英語講座

このセミナーは終了致しました

国際ビジネス研修 ビジネス英語

英語の基本的構造を理解し、ビジネスで使える英語力を養う

英語が苦手? TOEICを受けてみたい? 楽しみながら力を付けてみましょう!
研修目的
  1. ビジネスシーンで使える英語力を養う
  2. 文法や語彙を確認し、聞ける・話せる英語につなげる
  3. 初心者から800点前後の方まで、短期でスコアを100点以上伸ばす

主催/京都商工会議所

日時・会場・受講料

日時 平成29年10月5日、12日、19日、26日、11月2日、9日、16日、30日
〈いずれも(木)・全8回〉
いずれも 18:30〜20:30
会場 京都商工会議所(京都市中京区烏丸通夷川上ル)
※京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅南6番出口直結
受講料
  • 京都商工会議所会員 34,560円
  • 一 般  51,840円
  • ※消費税込
  • ※下記テキストをお持ちでない方は別途テキスト代が必要です
テキスト
  • TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
    ((一社)国際ビジネスコミュニケーション協会) 3,024円
  • ※消費税込
  • ※テキストを購入される方は受講料と一緒にご請求いたします。
     申込画面の連絡事項欄に「テキスト購入」と入力してください。
支払方法 京都銀行 本店営業部(普)No.5017759
口座名:京都商工会議所 研修口

お申込み後、速やかに上記口座までお振込み下さい。

振込手数料はご負担頂きますようお願い致します。

開催初日の1週間前に受講証をFAX致します。なお、申込人数が少ない場合には開催を取りやめる事があります。

開催日の5営業日前を過ぎてからの受講取消については受講料の返金をいたしかねますので、ご了承ください。ただし、代理出席は可能です。その際はお早めにご連絡ください。

お申込み・お問合せ 会員部 研修事業課
TEL 075-212-6446 / FAX 075-222-2612
E-mail jinzai@kyo.or.jp
※開催2営業日前以降のお申込みは必ず電話で事前にお問合せください。
備考  
セミナーお申込み FAXでのお申込み(チラシの印刷)

講師プロフィール

関西大学、京都外国語大学、大谷大学、京都橘大学
講師 日高 周平 氏

Temple University、The University of Aucklandの修士・博士課程でTESOL・応用言語学を学ぶ。Temple UniversityのWriting Centerにおいて大学・大学院生の論文添削、Auckland大学では自主学習センターELSACの立ち上げ、言語学習プログラム開発などを担当。基金Marsden Fundによる研究に参加。2004年より立命館大学などでTOEIC、TOEFL、上級・中級・初級英語、Academic writing、Presentation、応用言語学の講義などを担当。

プログラム

1.名詞は言葉の中心部、Pt.1写真を見ながら答えてみよう
 (1)名詞の簡素な判別方法を覚えよう
 (2)Pt.1対策
 (3)必須単語、TOEICに必要な単語とは?

2.副詞で躍動感を、Pt.2は使える表現の宝庫
 (1)副詞で意味を強調、万能な副詞は場所が問題
 (2)日常生活で使う表現ばかりのPt.2を利用しよう!
 (3)必須40単語1

3.形容詞で表現を豊かに、Pt.2の早いやりとり、瞬発力を鍛えよう
 (1)形容詞の判別方法
 (2)Pt.2対策、Pt.2の表現で会話してみよう!
 (3)必須40単語2

4.主語と動詞の位置で理解する英語、Pt.3少し長い会話に慣れてみよう
 (1)主語は文頭の名詞、主語の位置を見定めよう!
 (2)Pt.3対策、なぜ理解できない?問題点をあぶり出そう
 (3)必須40単語3

5.前置修飾で前から名詞を飾る、Pt.3三人は何を話しているの?
 (1)名詞を前から説明するのは形容詞
 (2)Pt.3対策、混乱する3人の会話
 (3)必須40単語4

6.後置修飾で名詞に追加説明、Pt.3頭の中に情景を浮かべよう
 (1)後ろから説明するという英語の特性
 (2)Pt.3対策、情景を浮かべる
 (3)必須40単語5

7.関係詞で広げる表現力、Pt.4主張する英語、最初の一言で状況をつかむ
 (1)形容詞と関係詞、省略されている関係詞
 (2)Pt.4対策、長い会話だから最初が重要!
 (3)必須40単語6

8.従属接続詞で文章をつなげる、Pt.4長い二人の会話
 (1)ネーティブでも間違える従属接続詞
 (2)Pt.4対策、場所・状況・関係から理解する
 (3)必須40単語7

セミナーお申込み