• このエントリーをはてなブックマークに追加

ソラアオ 代表 福本 大二さん

心もとろける京のこだわりスィーツをお届け

事前マッチング商談会をきっかけに事業転換。

Q 御社の事業内容を教えてください。

福本さん 国産の無添加素材にこだわった洋菓子の製造・販売を行っています。店の一押しのチーズケーキは、より新鮮さを求めて京都産の卵を使用し、スチームを使って焼き上げるため、ベイクドとスフレのちょうど中間のような絶妙な食感となります。そのほか、京都の老舗日本酒店とコラボレーションした日本酒チーズケーキや酒粕プリンなども、お客様から好評を得ています。

Q 京商を活用されたきっかけを教えて下さい。

福本さん 最初はイタリアンカフェレストランを創業するため、京商へ相談に訪れたことがきっかけです。事業計画書の作成にあたって、例えば店の付近にどういう会社があり、一日に何人のお客様が昼や夜に食べに来てくれるのか等、現実を見据えた経営支援員からのアドバイスで、具体的な売上目標や計画を立てることができ、スムーズな資金調達へと繋がりました。

 

Q 創業後に取組まれたことについて教えて下さい。

福本さん 店の認知度向上のために、ホームページでの集客強化や新しいメニュー開発に取組みつつ、チーズケーキをはじめとしたオリジナルスィーツの創作と通信販売にも力を入れて取組んでいました。そのときに、京都の老舗日本酒店の佐々木酒造さんとコラボレーションの話があり、「日本酒チーズケーキ」の開発にいたりました。吟醸酒のような味わいが魅力となり、新聞やテレビなどに取り上げられ、大きな話題となりました。

Q 日本酒チーズケーキのヒットがきっかで、スィーツ事業へと転換されたのでしょうか。

福本さん 京商が主催する「事前マッチング形式」商談会に参加した際、いくつかのバイヤーと商談する機会に恵まれ、そのなかで、駅ナカで店舗を展開するバイヤーとのマッチングが実現し、地下鉄構内での催事販売などに繋がりました。その際に、売り方やパッケージを変えた商品の見せ方などのアドバイスを受け、その後の商品販売の大きな参考となりました。こうしたバイヤーとの出会いが、次のステージへと転換する契機となり、水尾の柚子や宇治抹茶などを使用したコラボ商品が増え、大きく事業が展開していきました。

 

Q 今後の目標を教えて下さい。

福本さん 現在は、大阪のショッピングセンターや商業施設などからも注文が舞い込み、百貨店等での催事販売の回数も増えてきています。コラボ商品やお客様の声をダイレクトに反映したスィーツ作りを目指しつつ、今後も京商のメニューを活用しながら、販売の販路を拡大し、私たちの商品の認知度を広げていきたいと思っています。

令和元年度 伴走型小規模事業者支援推進事業

取材日:

企業DATA

ソラアオ
◉住所:京都市右京区太秦安井車道町21-86
◉電話番号:075-748-0400
◉事業内容:洋菓子の製造・販売
◉Website :http://soraao-cafe.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。