• このエントリーをはてなブックマークに追加

楽仙樓株式会社代表 三原 伸子さん 三原 恵子さん

お母さんの愛情たっぷり水餃子

経営課題を一つひとつ解決して、ビジネスチャンスに結びつけることができました。

Q お店について教えてください。

三原さん 当店は、中国北方料理の専門店です。特に、自慢の水餃子は皆さんから好評を得ています。水餃子は、皮から手作りするもちもちの食感が魅力です。噛むとジュワーッと口の中に旨味が広がります。水餃子以外にも、干豆腐の料理、中国東北地方の名産品など、ここでしか楽しめないメニューもそろえています。

Q 水餃子がおいしいと評判ですね。

三原さん ありがとうございます。ハルビン出身のお母さんが始めた水餃子のお店が四条東洞院に移って15年。今では水餃子と中国北方料理のお店として知られるようになりました。多くのお客様にご来店頂いていましたが、満席のため御断りすることも多く、せっかくの営業機会を逃していたんです。

Q それは残念ですね。経営課題の解決に当たり、京都商工会議所を活用されたとうかがいました。

三原さん 企業としてのステップアップを考えると、経営課題を一つひとつ解決して、ビジネスチャンスに結びつけていかなければなりません。京都商工会議所が課題解決に向けて、アドバイスしてくれると知り、早速、経営支援員に相談しました。

Q お店の経営課題について教えてください。

三原さん 多くのお客様にお越しいただけるよう店舗改装の必要性を感じておりました。また、生産性向上のため、店内の設備も新しいものに替えたいと思っていました。
こうした中、支援員は当店の状況を聞き取り、適した補助金を勧めてくれました。「これはいい」と思い、早速、申請書の作成に取り掛かりましたが、補助金採択に向けて、何度も支援員とやりとりし、申請書をブラシュアップしていきました。
慣れない申請書の作成は大変でしたが、当店の経営を取り巻く環境、当店の強み、今後のとるべき対策など要点をまとめることができ、この作業は今後の事業展開にも役立ったと思います。
なお、補助金は採択され、店舗改装等に取り組むことができました。本当に良かったです。

Q お店をどのように改装されたのですか。

三原さん 店舗は、お子様連れでもゆっくり食事ができる半個室の席を増やしたほか、お店の前面をガラス張りにして入りやすい雰囲気にするなど、店舗イメージの刷新に取り組みました。店舗改装後は若いカップルや個室を使った商談の利用が増え、従来と異なる新たなお客様も増えました。
また、店舗改装と合わせた店内設備も新しくしました。これまで手作業で行っていた野菜の洗浄やカットなど食材の仕込みを機械化することができ、厨房内での作業効率を高めることができましたよ。

Q それはすごいですね。その他色々と改善されたそうですね。

三原さん 適正な利益を確保し、それを従業員にどのように還元していくのか、支援員のアドバイスを受けながら、メニュー構成や原価率の見直しを行いました。サラダメニューを増やしたり、名物の水餃子をお手軽に楽しんで頂けるセットメニューを用意するなど、お値打ち感のあるメニューとサービスの提供に取り組み、お客様には今まで以上にご満足頂けるようになりました。

Q 今後、京都商工会議所をどのように活用されますか。

三原さん 昨年の夏には、バイヤーとのマッチング商談会に向けて、支援員と一緒に自社と商品のPR文章を作り上げ、新たなバイヤーとの取引を獲得することができました。私たちが考えていることや目指していることをしっかり理解した上で、適切にサポートしてくれるので大変助かっています。これからも私たちの成長に応じて京都商工会議所の支援メニューをうまく活用することで、経営課題の解決や商機の拡大につなげていきたいと考えています。

平成30年度 伴走型小規模事業者支援推進事業

取材日:平成30年12月5日

企業DATA

楽仙樓株式会社
◉住所:京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37 豊元ビル1F
◉電話番号:075-351-4900
◉事業内容:中国北方料理店
◉Website :http://www.rakusenroh.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。