• このエントリーをはてなブックマークに追加

京都パン工房 代表 平和彦さん

創業計画書の作成からお店のコンセプトまで幅広く相談

計画変更を乗り越え開業。地域の人気店になりました。

Q 京都商工会議所に相談されたきっかけを教えてください。

平さん パン職人として働いていたとき、いつか自分の店をもって、もっと多くの人に美味しい手作りのパンを食べてほしいと考えていました。
独立する決意を固め、先に開業していた友人に相談したところ、創業にはいろいろな手続きやしっかりとした準備が必要なので、商工会議所へ相談に行くように勧められたのです。2013年7月のことです。

Q 経営支援員が応対しましたね。どんなお話しをされましたか?

平さん 開業したいという私に、「目指すお店の理想像は?」「どんな人にお店に来てほしいのか?」という質問がありました。
強い思いはもっていたのですが、具体的なプランを明確にもっていなかったので、答えに窮していたところ、「まずは自分の考えを紙に書き出してみましょう」と声をかけていただきました。
スケジュールや商品構成、セールスポイント、製造・販売のオペレーションなど、ひとつひとつ細かに書き出すことによって、自分の考えがまとまり、開業に必要な事柄を整理して考えることが出来ました。

7114

Q 開業までの準備について教えてください。

平さん 最初に、書き出した内容をもとに創業計画書を作成しました。開業目標を2014年6月として店舗探しを始めましたが、思いのほか難航し、現在の場所に決まったのは、開業目標のわずか1ヵ月前でした。
今後について経営支援員に相談したところ、少なくとも3ヵ月の準備期間が必要という結論に達し、開業を7月に延期しました。パンが最も売れない夏場の開業に不安がありましたが、経営支援員の親身なサポートによって何とか最初の相談からわずか1年で開業に至りました。

7123

Q 開業時期の変更は大きな決断でしたね。真夏の開業を乗り越える対策も十分準備されたのではありませんか?

平さん この時も経営支援員から良いアドバイスをたくさんもらいました。商品に関する助言はもちろん、ショップカードの作成や店舗周辺への限定広告など販促面の提案もありました。
私も一人でも多くのお客様に来ていただきたかったので、できる限り取り入れました。
今、振り返ると1つ1つの小さな取り組みが積み重なって認知度が高まり、地域の皆さんに来ていただけるようになったのだと思います。

kyoto-pan04

Q 最近のお店の反響について教えてください。

平さん 当店は、北海道産小麦100%を使用した生地で作った100円パンのお店です。小麦のほか、塩や砂糖などの素材にもこだわり、どなたにも安心して召しあがっていただける美味しいパンは、小麦本来の味が楽しめるとお客様に喜んでいただいています。
一番人気は塩パンです。常時100種類以上のパンを用意していますので、ぜひ来店いただきお気に入りを見つけてください。

取材日:2017.1.25

企業DATA

京都パン工房
◉住所:京都市中京区壬生梛ノ宮町15-8
◉電話番号:075-204-7078
◉事業内容:パンの製造、販売
◉Website :http://kyotopan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。