• このエントリーをはてなブックマークに追加

石川つヾれ株式会社 専務取締役 河津 英樹さん

ホームページ、SNSで「爪掻本つづれ織」の良さ発信

専門家のアドバイスでホームページアクセス件数が激増しました。

Q 貴社の事業内容を教えてください。

河津さん 当社は、昭和3年に創業してから、「爪掻本つづれ織」にこだわり、爪掻本つづれ帯、富久紗、壁掛等の製造をしております。過去、皇太子殿下の御成婚を祝し、富久紗「白鳳」を献上したことがあり、品質や技術には自信を持っております。おかげさまで、平成28年には、「株式会社化50周年記念展」を開催することができました。

Q 「爪掻本つづれ織」の特徴は何ですか。

河津さん 「爪掻本つづれ織」は、人の指先をやすりで削り、ノコギリ状の爪先を道具として横糸を掻き寄せて織り上げた織物です。古くから、皇族、貴族、神社仏閣の装飾品として、高い品質を誇る織物とされてきました。ご覧のとおり「爪掻本つづれ織」はとても緻密で、手間ひまがかかっておりますので、着物ファンはもちろんのこと、その良さをご理解いただけるのではないでしょうか。

ishikawatuduri02

Q 呉服業界の業況を教えてください。

河津さん 呉服業界は厳しい状況が続いてきておりますが、最近、浴衣、振袖等に関心を持つ若年層の需要が増えたこともあって、ここ数年、市場規模は2,900億円規模で推移していると聞いております。当社としても、「爪掻本つづれ織」の良さを広く周知することで、何とか呉服業界を盛り上げていきたいと考えておりました。

Q 京都商工会議所にご相談されたとうかがいました。

河津さん 「爪掻本つづれ織」の良さを皆様に御理解いただくための方法を京都商工会議所に相談したところ、当社ホームページの大幅リニューアルをご提案いただきました。当社では、どのようにリニューアルしたら良いのか、わからなかったため、専門家派遣事業を活用し、専門家(中小企業診断士)のアドバイスをもらいました。
その他、経営支援員からは、ホームページ作成費用が補填される補助制度の紹介を受け、補助金を活用いたしました。申請書作成に際して、経営支援員に申請書を確認いただくなど、補助金採択に向けて一緒になって取り組みました。

Q ホームページをどのように変更されたのですか。

河津さん ほぼ全ての内容をリニューアルいたしました。具体的には、当社製品のこだわりのほか、つづれ織りの歴史、技術に関する写真を掲載しながら、わかりやすい説明を加えました。また、「つづれ織りの知恵袋」と呼ばれるブログ機能を付加して、SNSと連動したホームページに改良したところ、アクセス件数は10倍以上に激増しました。

Q 大きな反響があったのですね。

河津さん 地方の催事に出展した際、お客様からホームページを見て、来場したとお声をかけていただくなど、催事の集客にも効果がありました。また、訴求力のあるホームページのおかげで、全国放送のテレビ番組にも取り上げていただき、私自身その反響の大きさに驚いております。

Q 今後の展開について教えてください。

河津さん 引き続き、催事をどんどん開催していきたいと考えております。催事開催後、ホームページの地域毎のアクセス数を分析したところ、開催地域でのアクセスが増加するなど、催事開催の効果を実感しております。やはり、当社の製品を実際手に持ってもらえる機会としては、催事は重要です。

ishikawatuduri03

Q 京都商工会議所に期待することは何ですか。

河津さん ホームページやSNSを活用して、京都ブランドでもある「西陣爪掻本つづれ織」の良さを発信していきたい。この1年でHPアクセス数が300件から10,000件を超えました。さらなるアクセス数を増やしていけるようにしていきたいと考えておりますので、引き続き、京都商工会議所のアドバイスをいただきたいです。
また、呉服業界は、職人の高齢化が進み、後継者の育成という大きな問題に直面しています。「爪掻本つづれ織」の技術が次代に継承されるよう、呉服業界を一緒に盛り上げていただくことを期待します。

平成29年度 伴走型小規模事業者支援推進事業

取材日:2017/9/12

企業DATA

石川つヾれ 株式会社
◉住所:京都市北区平野宮本町83
◉電話番号:075-461-1161
◉事業内容:爪掻本つづれ帯、富久紗、壁掛、額、装飾品、その他美術工芸の製造
◉Website :http://tuzureori.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。