• このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Drive・Door 代表取締役 北村 文孝さん

新たなビジネスの開発や新規顧客獲得をバックアップ

専門家や経営支援員の助言をもとに新事業を立ち上げ、新しい顧客の獲得に成功しました。

Q. 京都商工会議所に相談するきっかけを教えてください

北村さん 従業員の労務管理について悩んでおり、自分だけで考えていても解決策が見出せず、経営相談窓口を訪問したことがきっかけです。
近くの洛北支部を訪れました。そのとき応対した経営支援員から、相談事への助言に加え、経営に関する知識が不足していると思わぬ不利益を被ることがあると教わりました。
以降、経営知識をしっかりとつけるため、経営支援員から案内されるセミナーや勉強会に積極的に参加するように心がけています。

6139

Q. 参加されていかがでしたか?特によかったものについて教えてください

北村さん 人事労務に関するセミナーはとてもわかりやすく、当社の課題解決にもマッチしていてとても役立ちました。
消費税増税時の対策セミナーでは、経営計画を立てて事業に取り組む必要性を実感しました。
どちらも、各分野の専門家が具体的事例を示しながらわかりやすく説明してくださり初心者の私にもよく理解出来ました。

Drive-Door03

Q. その後、経営計画づくりに取り組まれたそうですね。

北村さん セミナー後、経営支援員に相談し、経営計画策定に挑戦することになりました。“経営の見える化”へのスタートです。
セミナーでの講義が非常に印象的であったことを伝えると、経営支援員が、講師を務めた専門家に当社の計画づくりをサポートいただけるようコーディネートしてくれました。

計画づくりの最初は「車の販売」「整備」「保険商品の販売」各事業の売上比率を細かく分析することから始めました。
これによって伸ばす事業、補強が必要な事業が浮かび上がり、今後の経営戦略立案に大いに役立ちました。新車が半額で乗れる「オニキス」の残価設定ローン販売の導入も専門家や経営支援員との意見交換から生まれたものです。
本サービスの取扱いが新たな顧客層の獲得につながったのです。

Q. 今後の展開はどのようにお考えですか?

北村さん 2年前に工場をリニューアルして、オーディーオやホイール、スポイラーなどのオプション販売・取付事業にもこれまで以上に力を注いでおります。また、1年前に新車販売を拡大するため、個人向けリース「フラット7」の販売を開始し、これからもお客様のご要望にきめ細やかに対応していきます。

商工会議所からの案内には必ず目を通し、役立つ情報をしっかりと掴んで、経営に活かしたいと思います。そして、お客様の信頼を得て、一歩一歩事業を拡大していきたいと考えています。

取材日:2017.1.24

企業DATA

株式会社 Drive・Door
◉住所:京都市左京区岩倉幡枝町2037
◉電話番号:075-711-0038
◉事業内容:新車・中古車小売業、損害保険・生命保険代理店
◉Website :http://drivedoor.info/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。