• このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社スリーシー 代表取締役 渡邊 博子さん

「癒し空間」の創造

経営支援員さんの的確なアドバイスをもとに,補助金申請書を作り上げる事ができました。

Q 御社の事業内容について教えてください。

渡邊さん 当社は、不動産事業と不動産のコンサルティング事業を柱としております。社名「スリーシー」にあるように、3つのC「Clear 透明性」、「Confidence 信頼・自信」、「Consistent 一貫性」をコンセプトとし、皆様から愛され社会に貢献できる企業を目指しています。

Q 御社で考えられた事業が大変好評とうかがいました。

渡邊さん 「暮らしのお助け隊」はご利用頂いた方にはお喜びのアンケートを頂いています。スタッフ全員で考えた事業なんですよ。この事業は、部屋のお掃除、クリーニング、庭の枝切り、エアコンの設置などの暮らしのお困りごとを解決するサービスになります。その他、旅行中の花への水やり、ぎっくり腰になって買い物ができなくなった、部屋が片づけられないなど「暮らしのあれこれ」をお手伝いしています。

Q 不動産屋さんがそんなことまでするんですか!

渡邊さん 「自宅の家事を任せることを考えると女性スタッフが安心だね」とお客様から嬉しい言葉をかけていただいています。

Q 「暮らしのお助け隊」を展開するに当たり京都商工会議所がお手伝いさせていただいたようですね。

渡邊さん 知人から補助金の存在を聞きましたので、「暮らしのお助け隊」事業の広報費に補助金を充てたいと考えていましたが、締切が迫っていたので補助金の申請を諦めていました。半ば諦めながら、京都商工会議所に補助金の相談したところ、締切まで余裕のある別の補助金の紹介を受けました。もっと早く相談すればよかったと後悔しています(笑)。

Q 補助金は採択されたんですか。

渡邊さん おかげさまで補助金は無事採択されました。補助金申請ははじめてでしたが、経営課題や自社の強みを分析しながら、スタッフ、そして経営支援員さんと申請書の核となる「経営計画」をつくりあげることができました。今振り返ると、経営支援員さんの適切なアドバイスがなければ、補助金を活用することはできなかったと思います。

Q 空き家問題に関心があるとうかがいました。

渡邊さん 「相続で不動産を取得したものの、どうすればいいかわからない」など空き家の処理にお困りの方が増えています。所謂、「空き家問題」です。私自身、京都市地域の空き家相談士、京都市住宅審議会委員として、実際に空き家対策に取り組む機会もいただきましたので、この問題にも人一倍関心が強く、当社でも何かできないかと考えておりました。

Q 空き家問題対策としてどのような事業をされたのですか。

渡邊さん サイト「空き家ショップ」を立ち上げ、空き家を売りたい方、空き家を探している方とのマッチングをサイト上ですすめるほか、空き家の所在地等の情報をLINEを通じて地域の皆様から募り、マッチングに役立てる仕組みづくりを行いました。

Q 画期的な仕組みですね。

渡邊さん ありがとうございます。実は、「空き家ショップ」の広報活動に際しては、経営支援員さんにも協力いただきました。「空き家ショップ」を周知するに当たり、顧客ニーズ・市場動向、自社の強み、今後の経営方針などに分類してうまく経営計画に落とし込んでいただいたと思います。

Q 今後、京都商工会議所に期待することについて教えてください。

渡邊さん 補助金をはじめとする経営に関する情報など、経営支援員さんから幅広くいただきましたが、今後も是非ともお願いしたいと考えています。特に、当社は従業員のスキルアップに力を入れておりますので、従業員教育に資するようなセミナーを開催いただけたら嬉しいです。

平成30年度 伴走型小規模事業者支援推進事業

取材日:平成30年9月18日

企業DATA

株式会社スリーシー
◉住所:京都市伏見区醍醐構口町28-1 ルネス・ピース醍醐1F
◉電話番号:075-575-4040
◉事業内容:不動産事業、不動産コンサルティング事業
◉Website :http://3c-cp.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。