ニュース

【京都市より新型コロナウイルス感染症の感染再拡大防止に向けた注意喚起について】

3月以降、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が激増しており、大阪・兵庫では、「まん延防止等重点措置」が初適用されるとともに、京都においても、4月5日から再び飲食店等に対する営業時間の短縮が要請されるこことなりました。
このような状況を踏まえ、改めて、「いのちと健康を守ること」と、「京都経済の回復」の両立に向け、事業者の皆様に感染拡大防止の取組を徹底いただきますようお願い致します。


【人の動きが活発になる今こそ、改めて感染防止対策の徹底を!】

① 基本的な感染予防対策の徹底

例)マスク着用(特に会話時)、手洗い、身体的距離の確保、3密回避、従業員の毎日の健康観察、体調不良者は出勤を控える

② 外食時の「黙食」をはじめとする飲食時のマナーへの御協力

例)感染防止対策を徹底している店舗等の利用、会話時のマスク、入退店時の手指消毒、
大声で話さない、2時間・4人までを目安

③ 大人数の飲食等の自粛

例)歓送迎会、花見の宴会、カラオケ(大人数での飲食等の場で、かつ接触の増加や飛沫が飛びやすい状況)
 
詳細はこちら(PDFファイル/京都市Webサイトへリンク)