ニュース

この情報は告知期間の終了した過去の内容です

11月15日「きものの日」きもの着用の呼びかけ(繊維・染織部会)

11月15日「きものの日」には、和装関連団体が連携し、全国各地できもの着用を推進する取組みが行われています。

繊維・染織部会では、和装業界の中心地・京都から国内外に向けて和装や和の文化の魅力発信と、「和装(きもの文化)」のユネスコ無形文化遺産登録に向けた機運を醸成する機会として、きもの着用の呼びかけを発信しております。
皆様におかれましても、趣旨にご賛同の上、きものの着用にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

また、案内チラシに関連イベントを記載しておりますので、是非、きもの着用の機会としてご参加ください。

※きものの日とは・・・(一社)全日本きもの振興会が、「七五三のお詣りには、氏神様への感謝を兼ねて、『きもの』を着て出かけてほしい」との願いから、昭和41年に制定しました。経済産業省においても、昨年度から、きもの姿で勤務されているほか、全国の和装業界が総力をあげて「きもの」の着用に取り組んでいます。

 案内チラシ→「きものの日(11月15日)は、きもの姿で。」ーきもの着用の呼びかけー.pdf


お知らせ

京都商工会議所からのお知らせ

京都商工会議所入会のご案内

詳しい資料を差し上げます

京都商工会議所は、1万2千会員に支えられた
京都市最大の経済団体です。

詳しくはこちら