イベント・セミナー情報

【改正民法 4月施行対策】売買・請負・賃貸借の契約書実例でみる民法(債権法)改正のポイント

開催日2020年3月19日(木)
開催時間13:30~15:30 
開催場所京都経済センター7階 7-A・B会議室
※駐車場・駐輪場はございません。お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

チラシチラシ掲載ページへ

内容

 民法(債権法)が120年ぶりに大改正され、2020年4月1日に施行されます。これまで判例・学説の解釈論が交錯していた項目や、時代の経過により実情に合わなくなっていた部分が、7年の検討を経て大きく改正されました。
 今回の法改正は、現代社会の実情に対応したわかりやすい民法とすることを目的としていますが、改正対象が約200項目に及びます。本セミナーでは、改正の概要に加え、実務担当者の皆様の関心が多いと思われる賃貸借・売買・請負の3類型の契約書の実例を中心に、改正点の重要ポイントをわかりやすく解説致します。
 <内容(予定)>
 ◆民法(債権法)改正の概要(目的と基本的な考え方)
 ◆賃貸借・売買・請負等“契約”に係る重要改正項目
 ◆契約の実務に与える影響と対策

 <講 師>
   弁護士法人 古家野法律事務所  弁護士 古家野 彰平 氏
     法律事務所 愼            弁護士 島多 玲子 氏

 <対 象>
   京都市内の中小企業経営者 
  ※士業・コンサルタント業等の方はご遠慮ください。

料金無料
備考参加証は発行いたしません。当日、直接会場へお越しください。
定員を超えた後にお申込み頂いた方には、ご参加頂けない旨のご連絡を致します。


申し込み方法下記申込フォームより申込みください。
定員:100名(先着順、定員になり次第、締め切らせていただきます)
お問合せ先京都商工会議所 中小企業支援部 ビジネスサポートデスク 牧田・外池
TEL : 075-341-9790
このセミナーのお申し込みはこちらから

お知らせ

京都商工会議所からのお知らせ

京都商工会議所入会のご案内

詳しい資料を差し上げます

京都商工会議所は、1万2千会員に支えられた
京都市最大の経済団体です。

詳しくはこちら