• このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社やまひで 代表取締役 五島 博也さん 五島 綾子さん

西陣織の魅力を拓く和風アイテム

展示会への出展で商機が拡大しました。

Q 御社の事業内容を教えてください。

五島さん 五島さん 当社は、1,000種類以上あるオリジナル柄を活用し、西陣織の帯地を企画・製造・販売している西陣織メーカーです。特に、漉いたような風合いの絹を草木染めにして仕上げた染帯は、若者向けのおしゃれ帯として人気がございます。
ここ最近、西陣織と和文化を身近に楽しんでいただけるように、西陣織の和雑貨ブランド「京美真心(きょうみしんしん)」を立ちあげました。このブランドでは、西陣織の裂地を使ったブローチ、髪飾り、バッグ等を取り揃えております。

Q 新しく開発された商品は人気があるそうですね。

五島さん 和装市場が縮小していく中、西陣織というブランドを生かしながら、何か新しい取り組みができないだろうかと考えていたところ、西陣織の裂地に着眼し、試行錯誤の末、オリジナル柄の帯の裂地に華やかな水引細工を組み合わせたブローチや髪飾りを開発いたしました。西陣織会館のセレクトショップ等で販売したところ、インバウンド客を中心に好評でした。

Q それは、すごいですね。私もこんな商品が欲しいです。

五島さん ありがとうございます。私自身、本格的に、販路拡大に取り組みたいと考えていたところ、普段からお世話になっている京都商工会議所の経営支援員から「事前マッチング商談会」の活用を勧められました。バイヤーに直接プレゼンできることに魅力を感じ、チャレンジすることにいたしました。

Q 経営支援員からどのようなアドバイスがありましたか。

五島さん 商談会の申請書に自社商品の強みなどをきっちりと記入するとともに、バイヤーが求める商品であることをアピールするように言われました。他にも、多角的な視点からたくさんアドバイスを受けました。経営支援員との計画づくりの中から、文書化することにも少しづつ慣れていたため、アドバイスをうまく申請書に生かすことができたと思います。

Q 商談会では商品を上手くアピールすることができましたか。

五島さん どんな商品をどんなふうに売りたいか念頭に置きながら、「バイヤーに響く」提案ができました。実は、商談会当日、経営支援員に同席してもらったんです。本当に心強く感じましたし、商談成功の裏側には、こうした気遣いがありました。

Q 商談会の成果について教えてください。

五島さん 日本百貨店との取引が始まったほか、セレクトショップの限定催事などにも出店できました。大きな成果と言えるでしょうか。市場開拓に大きな手応えを感じています。

Q その他、京都商工会議所の展示会にも参加されたとうかがいました。

五島さん 昨年2月、渋谷で開催された「京都知恵産業フェア」に出展しました。初めての出展でしたが、自社ブースに足を運んでもらえるように、全国主要百貨店の各売場に200通以上のDMを事前送付するなど、色々と工夫を凝らしました。

Q 反響はどうでしたか。

五島さん 期間中、DMを見たバイヤーさんが来てくれたほか、首都圏を中心としたセレクトショップや体験ツアーを企画する旅行会社などとの出会いがあり、ビジネスチャンスの芽が膨らんでいます。「展示会に出展して終わり・・・」ではなく、こちら側から商品やサービスの魅力を発信し、埋もれたお客様を掘りおこしていく努力も必要だと思いますね。

Q なるほど。五島さんのお考えよくわかります。

五島さん 私の場合、商品の方向性、魅せ方等について、経営支援員はもちろんのこと、フェアの担当者、事業のプロデューサーなど含めオール京都商工会議所で支援してもらったと思います。大変感謝しています。

Q 今後の展望について教えてください。

五島さん 今、西陣織を支える職人さんが高齢化し、後継者も不足しつつあります。これからも販路開拓や商品開発などで京都商工会議所の支援メニューを活用し、新たな市場を創造することで、京都の織物業界が元気になれるような仕組みづくりにつなげていければと考えています。

平成30年度 伴走型小規模事業者支援推進事業

取材日:平成30年10月9日

企業DATA

株式会社やまひで
◉住所:京都市北区紫野西野町1-2
◉電話番号:075-432-6777
◉事業内容:西陣織の製造、卸売、小売 等
◉Website :https://www2.hp-ez.com/hp/yamahidekyoto/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。