• このエントリーをはてなブックマークに追加

Dari K 株式会社 代表取締役 吉野 慶一さん

PL保険制度加入からコラボ企業の紹介

いつでも相談できて心強いです。

Q. 創業のきっかけを教えてください。

吉野さん 旅行中にふらっと立ち寄ったカフェで、カカオ豆の産地を示した世界地図を見かけ、インドネシアが世界有数のカカオ産地と知ったことが始まりでした。
チョコレートの原料となるカカオといえばガーナ産と思い込んでいた私は、改めていろいろと調べ、インドネシア産カカオは質が低いとされていて価格も安く、生産農家の意識も低いことを知りました。
何とか支援したいと、カカオ豆を購入したことが起業への第一歩でした。

Q.京都で起業しようと考えたのはなぜですか?

吉野さん 東京は有名になると市場が大きいのでよく売れるのですが、無名な者は競合も多く苦戦を強いられることが多いといいます。
一方、京都は商品に実力があれば新参者であっても受け入れてもらえるので、
創業間もない当社にはありがたい地域でした。
また、“京都”は国内外での知名度が高く、“京都”の持つブランド力に期待したところもあります。

Q.京都商工会議所との出会いについて教えてください

吉野さん 最初は、PL保険に安く加入できると聞いて連絡したのがきっかけです。PL保険は会員限定のサービスということで入会の説明も受けましたが、そのほかに経営に関するアドバイスをたくさんいただき、とても驚きました。応対の経営支援員さんがアグレッシブな方だった印象が強いです。

Q. 御社とつながりのある経営支援員や職員が多いですね

吉野さん 私の相談や希望に応じて担当の経営支援員だけでなく部署の垣根を超えて全体で対応してくれているからでしょうか。事案(課題)に応じて必要なサポートをいただいていると思います。

Q.京都商工会議所をうまくご利用いただいている例ですね。具体的にどんな相談をなさったのですか?

吉野さん PRに関する相談をしたところ、京都商工会議所ビルにある京都経済記者クラブでのプレスリリースをお手伝いいただきました。また、商品の輸出に必要な原産地証明書の取得についても教わりました。経営相談を受ける同じビル内で、ほかの課題も解決出来たことは、忙しい身にとって本当に助かります。経営支援員が巡回活動でさまざまな情報提供をしてくれることもありがたいです。こちらが商工会議所に出向いたときに、話を聞いて適切な助言を下さることがとても役立ちます。そのほかにも、商工会議所が主催する事業に参加して普段お付き合いのない経営者の方々とお話しが出来、それがきっかっけとなって、コラボレーションにつながったこともありました。

Q.どんなコラボレーションですか?

吉野さん 当社が「第4回知恵ビジネスプランコンテスト」で認定された際、同時期の認定企業の集まりで老舗和菓子店さんと知り合い、この出会いからチョコレートの新商品が生まれました。ほかにも酒造メーカーさんとの共同商品開発も実現し、創業数年の若い企業ながらもこうした老舗企業の皆さんと直接ビジネスが出来る機会が得られたのは、商工会議所という場があったからこそだと思います。

Q.経営支援員はどんな存在ですか?

吉野さん 経営コンサルタントの中には経営支援員よりも優秀な方がたくさんいらっしゃるでしょう。でも、こちらが相談したい時や困った時に経営支援員に「ちょっと教えて」と声をかければ、これまでの相談ストックがあり、当社のことを理解いただいているため、簡単な説明で時間をかけずに必要な情報をもらえます。経営支援員は、いわば“かかりつけ医”のような存在です。もっと専門的な知識が必要な時には、組織の枠を越え、商工会議所の持つネットワークを駆使してサポートしてくれるところも魅力です。

Q. これから商工会議所に期待することは何ですか?

吉野さん 商工会議所には“つなぐ力”があります。経営支援員が事業所に来て下さることもありがたいですが、適当なタイミングで、メールや電話で声をかけてくれると助かります。こちらが必要な時はしっかりと、それ以外の時には付かず離れずの距離感が私には丁度良いです。これからも心地よい関係を保ち、困った時には一番に相談したいと思います。

取材日:2017.1.16

企業DATA

Dari K 株式会社
◉住所:京都府京都市北区紫竹西高縄町72-2
◉電話番号:075-494-0525
◉事業内容:チョコレート及び菓子などの製造、卸、小売
◉Website :http://www.dari-k.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都商工会議所は、京都の商工業の振興と地域社会の発展のために様々な事業を展開しています。
下記は京都商工会議所ホームページにリンクしておりますので、ご活用ください。