京都CSR企業事例

小川珈琲株式会社

私達は京都の珈琲職人です。
昭和27年(1952)、京都で珈琲づくりを始めてから今日まで、私達は珈琲職人として、さらなる本物の追求を怠らず、誇りと責任を持って、原材料の厳選及び製造技術、品質管理の向上をめざしてきました。

重点取組項目:

業務概要


事業内容:コーヒーの製造、コーヒー器具、輸入食品、喫茶材料の卸、販売
本社:京都市右京区西京極北庄境町75番地
滋賀営業所:滋賀県野洲市三上498番地
彦根営業所:滋賀県彦根市戸賀町95番地
大阪営業所:大阪府茨木市玉島2丁目11番55号
岡山営業所:岡山県岡山市北区東古松480-4
東京オフィス:東京都渋谷区渋谷3丁目16番1号 友泉渋谷3丁目ビル 6F
京都工場:京都市右京区西京極北庄境町20番地

CSRへの姿勢


・人や環境にやさしい有機珈琲への取り組み
・バードフレンドリーコーヒーへの取り組み
・フェアトレードコーヒーへの取り組み
・「チャレンジ25キャンペーン」への参加
・グラウンズフォーヘルスへの支援

CSR情報

「京のCSRガイドライン」チェックポイント項目に基づく当社の取り組み状況です。

I. よりよい社会に向けた、自社の理念(経営理念の明示・浸透)

取組状況

  • 社会の中での自社の役割・責任が経営理念に反映されている(基本的CSR)
  • 経営理念が従業員に十分理解・浸透している(基本的CSR)
  • 経営者が朝礼で訓示を行うなど、機会をみて従業員に思いを伝えている
  • 経営理念が事業計画等に反映されている
  • 経営理念が製品・サービス、従業員教育等に活かされている
  • 経営理念を浸透させるための研修・課外活動などを実施している
  • 経営理念が自社に関するすべてのことを決する(判断する)ための基準となっている

我が社のアピールポイント
1952年、京都で珈琲づくりを始めてから今日まで、私達は珈琲職人として、さらなる本物の追求を怠らず、誇りと責任を持って、原材料の厳選及び製造技術、品質管理の向上をめざしてきました。
私達がめざす《本物》とは、健やかな大地が育てたコーヒー豆だけが秘めている品種本来の味と香りでつくりあげる珈琲です。
それは、珈琲を味わい尽くした方に「クセになる」と愛していただける珈琲です。
私達はここにこそ「おいしい珈琲の未来」があると確信して、珈琲の各品種それぞれのおいしさの本質と、その本質を秘めた生豆を、ひたすら追い続けています。

II. 企業倫理・法令遵守の徹底(誠実な企業活動)

取組状況

  • 社会の一員として倫理的な行動に努めている(基本的CSR)
  • 法令遵守の大切さを社内で徹底させている(基本的CSR)
  • 企業倫理規範、行動規範・法令遵守マニュアル等を策定し、全社員理解に努めている
  • 法令遵守・企業倫理を高めるための教育・研修事業を実施している
  • 法令違反行為が行われていないか互いに注意し、定期的にチェックしあっている
  • 関係法令などについて最新の情報を入手している
  • 企業を取り巻くあらゆる関係者(ステークホルダー)との対話を心がけ、双方向コミュニケーションを実施している
  • 反社会的勢力との関係は断固として排除する決意を表明し、従業員に周知している
  • 社会、地域(京都)、自社の歴史・伝統に対する自覚と責任を意識している

我が社のアピールポイント
「プライバシーマーク認証」取得
当社は、人間、自然、すべての環境をプラスに導ける珈琲の価値を、発掘し提供できる京都の珈琲職人として、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、情報化社会の健全な発展に貢献する上で、個人情報の保護が個人の権利を全うするための企業の社会的責任に係る経営上の重要課題であることを宣言し、全従業者に周知徹底を図り、次の事を会社の全部門で遵守していきます。
個人情報の取得
個人情報の利用
個人情報の第三者提供
法と社会秩序の遵守
個人情報の安全な管理個人情報保護マネジメントシステムの確立・実施・維持・改善
個人情報の取扱いに関する苦情等問合せ窓口

「リスクマネジメント」の策定
リスクマップ策定
インフルエンザ感染防止マニュアル
有症苦情対応フロー
食中毒対応フロー

III. 個人を尊重し、つながりを大切にする職場環境づくり(従業員の幸せ度の向上)

取組状況

  • 従業員のワークライフバランス(仕事と生活の適正なバランス)を意識している(基本的CSR)
  • 多様な人材を雇用し、あらゆる差別の解消に取り組んでいる(基本的CSR)
  • 職場内での挨拶・会話・コミュニケーションを大切にしている
  • 従業員に研修や自己啓発、文化活動等への参加機会を設けている
  • 個性を発揮し、やりがいのある職場をつくるため、資格取得制度補助や表彰制度等を導入している
  • 従業員の仕事と家庭の両立が図れるよう配慮している(育児・介護休暇等の制度充実など)
  • 労働環境における安全衛生の整備に努めている

我が社のアピールポイント
・自己啓発のための通信教育受講の推進
・コーヒーインストラクター資格取得制度の推進
・安全衛生委員会活動
・階層別教育訓練制度の推進

IV. 社会に対して、信頼を得る取り組み(顧客満足度の向上)

取組状況

  • お客様、取引先には常に真摯に対応している(信頼されている)(基本的CSR)
  • 常に顧客満足度の向上に努めている(基本的CSR)
  • 苦情・要望・意見に対応する準備ができている(担当や専用窓口の設置など)
  • 自社製品などの対しては安全基準を策定し、遵守している
  • 商品・サービスのリコール制度の整備・徹底
  • 信用・信頼を獲得するため、常日ごろから社員への教育・研修を徹底している
  • 自社事業・製品等に関連する情報・問題等については隠さず、世の中へ公開している
  • ISO9001の取得など、品質管理の徹底に努めている

我が社のアピールポイント
・ISO9001 認証取得〔2001年~〕
・ お客様係〔お客様相談室〕
・ お客様満足研究会活動
・ 各研修制度の推進 〔新入社員/フォローアップ/中堅社員/管理職/考課者訓練〕

V. 知恵を活かしたよりよい製品・商品、サービスの創造(本業を通じたCSRの実現)

取組状況

  • 自社の強み、個性について社内で十分理解・認識している(基本的CSR)
  • 自社の製品、サービスが社会の中でどのような役割を果たしているかを意識している (製品・サービスの社会との結びつき)(基本的CSR)
  • 自社の“強み"を活かし、顧客ニーズ、課題解決に対応した製品・サービスを提供している
  • 製品・サービスを通じて、地域経済の活性化に寄与している
  • 京都の歴史、伝統、文化、革新、進取の気風など、“京都らしさ"を意識した製品・サービス展開に努めている

我が社のアピールポイント
・バードフレンドリーコーヒーへの取り組み
バードフレンドリー®とは、アメリカのスミソニアン渡り鳥センターが中心となって進めているコーヒー生産の分野における環境保護プログラムです。環境と動植物の保護に配慮して生産された有機コーヒーを認証・普及することで、地球全体の環境を守っていこうという運動です。小川珈琲は、このバードフレンドリー®プログラムの理念に共感し、日本で初めてバードフレンドリー®として認証されたコーヒー豆の販売を2005年より開始しました。

・フェアトレードコーヒーへの取り組み
フェアトレードにより安定した価格でコーヒー豆の取引ができると、生産者の教育や生活水準が向上し、コーヒー生産設備や技術を習得することで、生産者は安心して品質の良いコーヒー生産に取り組めるようになります。

VI. 多様な個性が生かされる、共存共栄社会の構築(地域社会への貢献)

取組状況

  • 京都のよさや自社の特色を活かした活動を通じて、地域社会とのつながりを持っている(基本的CSR)
  • 地域の一員として、地域住民とのコミュニケーションを意識している(基本的CSR)
  • 地域のお祭り、町内会活動などへ積極的に参加している
  • 工場、企業見学等の積極受け入れ、地域住民に対し企業公開日を設けている

我が社のアピールポイント
「コーヒー教室の開催」
ご家庭のコーヒータイムをさらに楽しめるポイントを学びませんか。
教室では、テーマを決めて、コーヒーにまつわる知識と抽出方法が学べます。実際にコーヒーを点てていただく実践の時間もあります。

VII. 環境に配慮した事業活動の推進(地球環境問題への取り組み)

取組状況

  • 事業活動において、省エネ、CO2削減、3Rなどに意識して取り組んでいる(基本的CSR)
  • 地域・近隣の環境悪化・迷惑につながることはしない(基本的CSR)
  • 事務所内の機器の買い替えなどの際は環境への影響が少ないことを基準に選んでいる(省エネ機器への転換など)
  • 環境問題について社内で意見交換や教育の機会を設けている
  • 環境問題に対する自社の目標を掲げ、取り組み状況をチェックする体制を整備している
  • エコカー、太陽光発電、LEDなど新たな技術・製品の導入を積極的に進めている
  • 環境に配慮した商品・サービスの研究・開発を進めている

我が社のアピールポイント
・クールビズの実施
・ウォームビズの実施
・余分なコピー、プリントアウトを減らす取り組み
・太陽光発電装置を設置(本社屋上のみ)
・節電に対する取り組み   
・京都グリーン購入ネットワークへの取り組み
・京グリーン電力への取り組み など

会社概要

会社名 おがわこーひー 小川珈琲株式会社
業種 製造業
郵便番号 〒615-0802
住所 京都市右京区西京極北庄境町75番地
電話番号 075-313-7333
会社ウェブサイト http://www.oc-ogawa.co.jp/
企業価値を高めるCSRとは:はじめに読んでおきたいCSR入門の手引き。 京のCSRガイドライン〜企業価値向上の秘訣〜:ダウンロードはこちらから。 京のCSR企業事例:京都企業のCSR事例満載!ぜひ参考にして下さい! 京のCSR企業事例募集!:あなたの企業のCSR事例をこのサイトでアピールしませんか。 CSR最前線〜先進事例に学ぶ〜:京の先進的な取り組みをインタビュー記事でお伝えします。
京都商工会議所:知恵産業のまち・京都の推進(Kyoto Chamber of Commerce Corporate Social Responsibility) 京商環境行動支援サイト 知恵産業のまち・京都)