京都府事業引継ぎ支援センター

075-255-7101 受付時間:平日9:00〜17:00

相談内容

事業承継には、引き継ぐ相手に応じて、下表のような課題が生じます。これらの課題に対して、経験豊富な専門家が対応します。

承継の相手と課題

承継の相手と課題
承継相手 承継上の課題
親族への承継 身内だからいつでも引き継げると思って準備を怠るな!
  • 後継者本人の意思確認
  • 利害関係者の理解
  • 後継者の教育
  • 株式や財産の継承(相続税対策等)
従業員への承継 後継者の選定と後継者が引き継げる環境の整備!
  • 後継者本人と家族の意思確認
  • 利害関係者の理解
  • 後継者の選定
  • 後継者の教育
  • 株式や財産の継承(株式・事業価値の算定)
  • 経営者保証、借入金対策、引継対策
  • 贈与税対策
第三者承継
(M&A)
M&Aが最善の場合もある!
  • マッチング方法の検討
    • 後継者を第三者から探す(後継者人材バンク)
    • 引継ぎ会社を探す(M&A仲介業者に依頼)
  • 株式・事業価値の算定
  • お見合い(マッチング)
  • 基本合意
  • 譲渡契約
  • M&A仲介業者へ成功報酬の支払い
M&Aのイメージが変わる! "M&A"といえば、敵対的M&Aを仕掛けるマネーゲームを連想しがちですが、近年のM&Aは、「競争力強化のため」「企業再生のため」に行われ、今や後継者問題解決の有効な手段として採用されています。
秘密厳守 相談無料! 公的機関であり、中立的な立場を堅持します。まずは、お気軽にご連絡ください。