基本方針
◆ 平成26年度 スローガン ◆
■ 会長方針  

『融合』

  今年度、我々城陽商工会議所青年部も60名を超える会員数となり、積極的に青年部活動を行われるメンバーも多くおられ、このような素晴らしい組織となったことは、これまでの歴代会長をはじめ、メンバー全員のご尽力の賜物であると深く感謝いたします。

  近年の城陽YEGを振り返ってみますと、平成20年度「一期一会」、平成22年度「育」、平成24年度「思いの共有」とYEGを通じて出会い、そして育み、そして熱い思いを共有し、魅力的な組織へと着実に歩んできました。

  城陽YEGは、今年度の全国大会京都大会、平成27年度の30周年、平成28年度の(仮称)近畿ブロック大会城陽大会と非常に大きな事業を控え、この来るべき年を一丸となって楽しんで乗り切らなければなりません。

 岡本会長年度「思いの共有〜魅力的な組織を目指して〜」のもと、メンバーの方々が積極的に青年部活動に参加し、意識的な土台はできたのではないかと確信しております。

 メンバーの一人一人がさらに積極的かつ自発的に想いを持って関わり、一人一人の想いが「融合」することで、より強固で魅力的な組織につながると考えます。

今年度城陽YEGは
・魅力ある人・仲間となるための研修・交流
・地域を活性化する事業
・来るべき年を迎えるための渉外事業
を柱とし、強固な団結力を持った魅力的な組織づくりを目指します。

  家族があっての青年部です。仕事があっての青年部です。ですが、青年部活動もせっかく関わっているのです。関われる時間は精一杯活動して何か自分のものにしていただきたいと思います。一所懸命やればしんどい思いもしますし、悔しい思いもすると思います。しかし一所懸命やったからでしか味わえない達成感や楽しさがあると思います。一所懸命やるからこそ、自らも成長し、仲間もでき、ひいてはそれぞれのビジネスにも繋がっていくのだと思います。

  私自身、至らない点ばかりでメンバーの皆様には多大なご迷惑をおかけすると思いますが、城陽YEGがより魅力的な組織となるため精一杯の努力をして参りたいと思います。

  1年間よろしくお願い申し上げます。

平成26年度会長  粟井 敬之

 

 

 

 

 

 

 

 

                            城陽商工会議所青年部
                            会長   粟井 敬之

 

Copyright(C)2004 JOYO YOUNG ENTREPRENEURS GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.