燦彩糸とは

金銀糸の歴史的・独占的な産地として、新たなハイニーズに即応する、高度な機能を背景に、コラボレーション・ブランドの創出を

日本で金銀糸が作られるようになったのは江戸時代からです。京都府・南山城での金銀糸の製造も、その頃に始まりました。現在も全国で生産される金銀糸の約80%を賄っており、その中でも城陽の生産量は50%に達しています。
この際立つ地下資源の新たな展開の可能性を探るために、城陽商工会議所では「燦彩糸プロジェクト」を立ち上げ、多角的な視点から事業を推進してきました。金銀糸の歴史的・独占的な産地として城陽地域には新たなハイニーズに即応する高度な機能が備わっています。

  • 技術的蓄積によって多彩な色糸のスピーディな対応ができます。
  • 中小規模事業者の集積が少量対応を可能にします。
  • ナンバーワン産地としての多種多様な商品化の実績もあります。

「燦彩糸プロジェクト」では「光の糸」の「色」と「形状」と「素材」を起点にした多様な分野におけるアートワーク、デザインワークを共同企画によって積極的に試み、コラボレーション・ブランドを創出したいと考えています。

「燦彩糸プロジェクト」アートワーク、デザインワークの共同企画のご提案

限りない色彩を秘めた高雅な煌めきで次代を彩る「光の糸」

  • コラボパートナー探しています
  • JAPANブランドとして認定!!
  • 燦彩糸アイテムのご紹介

城陽商工会議所

〒610-0196
京都府城陽市
富野久保田1-1

電話:0774-52-6866
FAX:0774-52-6769

詳細へ

ページの先頭へ戻る