平成30年10月5日(金) ジョブ・カード制度普及推進セミナーを開催しました。

今回のセミナーでは、事業者の人材育成の場面で活用できる人材開発支援助成金等の説明や、企業を活性化し、ヒトが生き生きと動くためにはどのように環境を整えるべきかを就業規則を切り口にして、講師からお話を伺いました。

日時 平成30年10月5日(金) 15時00分~16時30分
場所 文化パルク城陽 西館第3会議室B
参加者 23名
内容
  1. 説明「人材育成・確保に役立つ雇用型訓練の活用法」
    説明者:京都府地域ジョブ・カードセンター(京都商工会議所)担当者
    職業訓練の体系と有期実習型訓練を初めとする雇用型訓練、それに紐づく助成金を紹介し、雇用型訓練を導入する際の留意事項や検討事項、ジョブ・カードセンターによる支援の在り方、活用事例の紹介などを案内しました。
  2. 講演「ヒトで会社を伸ばす社内体制の作り方~社員が生き生きと動く就業規則を作ろう~」
    講師:社労士事務所Extension 代表 髙島 あゆみ氏(社会保険労務士)
    会社の持つリソースを的確に認識しこれを十二分に活用するためには、すべての社員と「行動パターン」を共有できる仕組みづくりが大切。ミスマッチの解消に向けた採用コンセプトの発信や、求める人材像やスペックの明確化についてご紹介いただきました。

記録写真

講 演

講 演