平成30年7月25日(水) ジョブ・カード制度普及推進セミナーを開催しました。

セミナーでは、ジョブ・カードの説明を行ったほか、人手不足に対応する具体的な対応法として採用と離職防止の2つの視点や、人材採用の引き出しを増やす紹介予定派遣の活用法について講師の方々より話を伺いました。

日時 平成30年7月25日(水) 15時00分~16時30分 
場所 京都商工会議所 2階教室 
参加者 23名
内容
  1. テーマ:人手不足に対応する2つの視点と具体的な対応法
    合同会社垣岡コーチングラボ・ジャパン 社会保険労務士 垣岡正英氏
     企業を取り巻く人材不足には、「どのような企業風土を目指すのか」「どんな働き方がある職場にしたいのか」をゴールに据えた対応に考えを巡らせたい。離職防止のためにわが社には一体何が出来るかを考えると同時に、働き甲斐や働きやすさを社内外に向けて発信できる工夫を講じておくべき・・・先生から求人の際のアドバイスも頂きました。
  2. テーマ:人材採用の引き出しを増やそう!紹介予定派遣の活用法 
    オムロンエキスパートリンク株式会社 人財ソリューション事業部 ビジネスソリューション部
    営業開発グループ第一チーム 杉本 愛 氏
     昨今の雇用情勢は、「企業が選ぶ時代」から「求職者が選ぶ時代」へ変化している。人材不足がもたらす影響は日々に大きくなっており、新しい人材の確保は企業存続への喫緊の課題となっている。新たな採用チャネルの一つとして、人材派遣会社による紹介予定派遣があること、活用時の利点などについて紹介いただきました。
  3. テーマ:「働く」と「学ぶ」をつなげる、有期実習型訓練の活用法
    京都府地域ジョブ・カードセンター
     有期実習型訓練を初めとする職業訓練の体系と、それに紐づく助成金を紹介したほか、有期実習型訓練を導入する場合の留意事項や検討事項、ジョブ・カードセンターによる企業支援の方法、活用企業の評価などについて紹介しました。

 

記録写真

講 演

講 演