京都ブランド推進連絡協議会(京都府、京都市、京都商工会議所)は、「京都ブランド」にさらに磨きをかけるとともに、京都の「都市格」を向上させるため、様々な事業に取り組んでいます

京都ブランド推進連絡協議会

お問い合わせ
京都創造者大賞2017 募集要項

募集対象

個人、法人、団体及びその商品や作品、技術、サービスなどで、以下の各項目に該当するものを対象とします。
活動拠点については、京都であることを限定しません。

  • 日本国内または世界に向けて、京都府域における「京都ブランド」のイメージアップや京都の都市格向上に著しく貢献していること。または今後貢献することが大いに期待できること。
  • 特許、著作権またはプライバシー等の第三者の権利を侵害していないこと。

具体的には次のような活動や取り組みを対象とします。

  • 京都の文化・産業に根差した創造的な活動や取り組みであり、地方創生の先駆的なモデルとして、文化首都・京都から国内外に発信する事例として相応しいと認められるもの
  • 京都ビジョン2040に掲げる30年後の京都が目指すべき姿である「世界交流首都・京都」の実現につながる創造的かつ模範的な活動や取り組み
  • 革新的な取り組みやサービス、商品の開発などで、日本の文化・産業の社会的・経済的価値を著しく高めることが期待できるもの

賞の種類

京都創造者大賞 1点

特に顕著な功績が認められるものについて授与します。

京都創造者賞 数点(3点程度)

京都創造者大賞に準じ、特に優れたものについて授与します。

※選考委員会において優れた取り組みと認められた場合は、顕彰委員会の承認を得て、別途、賞を授与することがあります。
※該当者がいない場合は、賞の授与を見送ることがあります。

副賞

受賞者には、賞状(京都創造者大賞顕彰委員会委員長(京都商工会議所会頭)、京都府知事、京都市長 連名)のほか、次の副賞を授賞式において授与します。

  • 京都創造者大賞 : トロフィー及び活動助成金(100万円)
  • 京都創造者賞 : トロフィー及び活動助成金(50万円)

※活動助成金は一つの賞に対し受賞者が複数の場合は按分とします。

受賞者に贈呈されるトロフィー
「創造の息吹」 江里 敏明 作

トロフィー 創造の息吹は、伝統の上に芽生える。
京都の地に根付いた伝統の上に、新しく生み出される創造の心を継承・発展してゆく情景を、大地に根付いた手を伝統に見立て、生み出されるものを子供に象徴化した。

江里 敏明(えり・としあき)江里 敏明(えり・としあき)
1947年京都市生まれ。
日展を主な発表の場とし、現在 日展評議員・日本彫刻会運営委員。 主な作品に田辺朔郎像、北垣国道像、毛利輝元像、中岡慎太郎像、京都国体メダルなどがある。

※賞状には京都の無形文化財にも指定されている黒谷和紙を使用

応募方法

(1)募集期間

平成29年4月3日(月)〜同年5月31日(水)(当日必着)

(2)応募方法

  • 所定用紙に必要事項を記入し、「京都創造者大賞応募書類在中」と朱書の上、郵送または持参ください。
    応募用紙Excelダウンロード
    [提出先] 京都創造者大賞事務局
    〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都商工会議所 産業振興部内
  • ホームページからもご応募頂けます。
    申込みフォームはこちら

(3)添付書類

概要がわかる書類、パンフレット等があれば添付してください。ただし、申込みフォームからご応募の場合は、応募(推薦)事業の名称などを明記した上で、上記事務局まで別途郵送いただくか、または持参ください。

(4)応募費用

応募に際して、参加費、手数料等は一切かかりません。
但し、応募書類の郵送料は応募者の方の負担とさせていただきます。

(5)その他

  • 一度、提出いただいた応募書類は返却できません。
  • 応募書類に不備がある場合は、審査対象から除外する場合がありますのでご注意ください。
  • 同じ内容について、前回から連続したご応募も可能です。但し、過去に本賞を受賞された内容については選考の対象外とさせていただきます。
  • 事前調査に当たり、書類内容の確認や質問など事務局から応募者または推薦者に対して連絡をさせていただくことがあります。
    このため、事務局からの連絡に適切な応対がなされない場合や一定期間連絡が取れない場合には、審査対象から除外する場合があります。
  • 受賞者発表前の候補者に関するお問い合わせや、選考状況に関するお問い合わせには、一切お答えできません。
  • 受賞された案件につきましては、授賞式及びホームページ、パンフレット、マスコミ等で公開するとともに、各種事業へのご協力をお願いすることがあります。

選考方法

選考の流れ

※選考結果は、ホームページなどで発表するとともに、文書により応募者または推薦者に通知します。 選考要領はこちら

※顕彰委員会及び選考委員会については学識経験者、行政、経済界など各界の有識者で構成されるメンバーです。(平成29年3月末日現在)

顕彰委員会名簿


選考委員会名簿



その他

応募の取り消し

応募者または推薦者は、手続き終了後、やむを得ない理由によりその申請が難しくなった場合は、応募または推薦を取り下げることができます。
この場合、応募者または推薦者は文書により主催者に連絡しなくてはなりません。

賞の取り消し

受賞発表後でも、虚偽の事実や本賞の名誉を毀損する事実があった場合は、顕彰委員会において協議の上、賞を取り消すことがあります。
この場合、受賞者は賞状及び副賞を主催者に返還しなければなりません。

個人情報の取り扱い

京都創造者大賞応募者及び推薦者についての個人情報保護方針」に則り、管理及び利用を行います。

授賞式

平成29年9月15日(金) 於:京都市内 ※授賞式の詳細は追って公表します。
受賞者はやむを得ない事情がない限り、授賞式に出席してください。
また、授賞式においてコメントを頂く場合があります。

↑