京都ブランド推進連絡協議会(京都府、京都市、京都商工会議所)は、「京都ブランド」にさらに磨きをかけるとともに、京都の「都市格」を向上させるため、様々な事業に取り組んでいます

京都ブランド推進連絡協議会

お問い合わせ
京都創造者大賞2017 京都創造者大賞

京都創造者大賞

宇治茶の郷づくり協議会「世界に誇る緑茶ブランド『宇治茶』の振興発展」

八十八夜茶摘みのつどい

八十八夜茶摘みのつどい

・2006年 設立、「宇治茶の郷づくり月間」の創設、
情報誌「宇治茶の郷通信」発行
・2009年 「宇治茶歴史街道」設定、
「宇治茶カフェ」認定開始
・2012年 「宇治茶の郷メールマガジン」配信
・2013年 「キッズ茶ムリエ検定」開始
・2015年 山城地域の「日本茶800年の歴史散歩」が文化庁「日本遺産」第1号に認定、
「宇治茶ムリエ講座」開始
宇治茶カフェガイドブック

宇治茶カフェ
ガイドブック

  宇治茶歴史街道ウォーク

宇治茶歴史街道ウォーク

  キッズ茶ムリエ検定

キッズ茶ムリエ検定


【事業内容】

800年の歴史を持つ宇治茶の伝統と技、文化を活かした地域づくりを進めるため、京都府の茶業関係団体と行政の連携により設立。設立当初から取り組んできた淹れ方教室の参加者数は10年間で約4,400名となり、うち「キッズ茶ムリエ検定」と「宇治茶ムリエ講座」の参加者は約2,600名になる。この他、宇治茶の淹れ方などの説明が受けられる「宇治茶カフェ」に30店舗を認定、「宇治茶の郷メールマガジン」を約600名に配信するなど、各種普及拡大活動を実施。宇治茶の歴史的・文化的価値の向上に貢献するとともに、世界に誇る宇治茶ブランドを国内外に広くPRしている。

【審査講評】

山城地域は、14世紀からの長い茶栽培の歴史の中で、16世紀から19世紀にかけて、抹茶・煎茶・玉露を創造することで、「和」を旨とする独自の喫茶文化の展開を支えてきた。その歴史文化を広く伝えるため、協議会では、茶畑景観や茶摘み行事をはじめ、多くの関連文化資産を守るとともに、茶を楽しむ習いが世代を超えて広まるよう尽力してきた。特に「宇治茶歴史街道」整備、「日本茶800年歴史散歩」の日本遺産認定、そして「お茶の京都博」の開催等は、宇治茶の郷を「和」を願う世界の人々が訪れる美しいステージへ高める創造の歩みであり、今後のさらなる展開を期待したい。


↑