京都ブランド推進連絡協議会(京都府、京都市、京都商工会議所)は、「京都ブランド」にさらに磨きをかけるとともに、京都の「都市格」を向上させるため、様々な事業に取り組んでいます

京都ブランド推進連絡協議会

お問い合わせ
京都創造者大賞2018 京都創造者大賞

京都創造者大賞

井上 八千代 様(京舞井上流 五世家元)
「創始200年を超える京舞井上流の伝統継承と新たな取り組みへの挑戦」

井上 八千代

井上 八千代

・1956年 観世流能楽師の九世 片山九郎右衛門
(幽雪)の長女として京都に生まれる。
・1959年 3歳で井上流に入門、井上愛子(四世八
千代)の薫陶を受ける。
・1975年 八坂女紅場学園の教師となり、以後「都
をどり」「温習会」等の指導にあたる。
・2000年 五世 井上八千代を襲名
・2013年 日本芸術院会員、紫綬褒章受章
・2015年 人間国宝認定
明治5年に創設された「都をどり」

明治5年に創設された「都をどり」

  クラシック楽曲「ボレロ」による京舞披露(泉涌寺音舞台)

クラシック楽曲「ボレロ」による京舞披露(泉涌寺音舞台)


【事業内容】

1956年京都市生まれ。父は能楽シテ方観世流の人間国宝、故片山幽雪氏。京舞井上流家元の四世八千代の孫にあたる。3歳で井上流に入門、四世を師匠に稽古を始め、1975年には芸舞妓に舞、邦楽、茶道などを教える「八坂女紅場学園」の教師に。京都の花街の一つ、祇園甲部の春公演「都をどり」の指導を続け、後進の育成、伝統芸能の継承に寄与する一方、クラシックのボレロで京舞を披露するなど、革新的な取り組みも展開。芸術選奨文部大臣賞や日本芸術院賞など受賞多数。2013年日本芸術院会員、紫綬褒章受章。2015年には人間国宝に認定される。現在は、京都造形芸術大学教授や公益社団法人日本舞踊協会常任理事も務める。

【審査講評】

江戸後期の創始から200年以上の間、脈々と受け継がれてきた京舞井上流。その舞姿の力強さと美しさを不断の稽古により継承すること、そして後進育成に余念なく取り組むことは、京都の伝統諸芸振興の基軸のひとつをなしている。また、京舞井上流の格を守りつつ、現代の粋を凝らした新たな舞いにも挑戦する姿は、「都をどり」が明治初期に画期的な演出として誕生して以来、様々な趣向を取り入れつつ上演され続けていることにも相通じ、人々の心を惹きつけてやまない。今後も、かけがえのない京都の風雅を極めることに精進され、国内外のより広い範囲の人々に感動や創造へのひらめきがもたらされるよう、ますます活躍されることを期待したい。


↑